« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016/11/18

「正体術大意」電子書籍復刻版発売

ついに高橋迪雄講述「正体術大意」(大正15年発行)の電子書籍復刻Kindle版の発売が始まりました。

「正体術大意」復刻版 Amazon(500円)

Coverthum

講述とありますが、とっても格調高い文章です。
写経(タイピング)、校正と何度か読み返していますが、何度読んでも味わい深い文章です。
「自然」という言葉が何度も出てくるのですが、あらためて身体が大自然の一部、または自然そのものであるということを思い出させます。
紹介したい文章はたくさんあるのですが、その一部を抜粋。


元来、身体には自然的に健康を維持する方法備わり、其の恢復を計るべき機能を備うると雖も、日常の生活様式に累(わずらわ)されて、其の機能を妨げられ、是がために各種の障碍を来す事甚だ多し。茲に於いて自己の力を以て自己の体を利用し、心身の健康の維持、恢復、増進を図り、以て精神力並びに生存力に清新なる力の持続を企図せざるべからず。正体術の清新亦此の意に外ならざるなり。


正しき均衡を有する正体の所有者は、必ず自然的健康の所有者にして、姿勢亦端正、加うるに心身は自ら一体をなし、心気溌剌にして気分爽快且つ思想堅実にして性格亦円満なり。従って斯くの如きは心に不安なく、迷妄なく、煩悶なく、人生の至楽一として味わい得ざるなき至幸至福者にして、即ち正しき身体は正しき自然の生命の運行をなす所以なり。


健康要件の完備し居る正しき身体の人に在りては、死の来るときは死を待つに適当なる状態の下に自然的に死を招き、木の枯れ、火の消ゆる如く従容として死に就く事を得べし。従って自然的生理作用に依りて死を招くが故に、死に対する不安、苦痛等絶対にある事なし。故に未だ死を怖れ、死を忌む間に死を招く事は究めて不自然なりと云うべし。即ち正しき身体は正しき生命を全うし、不自然なる生死をなさざるなり。


ところで。
身体の「歪みがひどくない人」は正体術を行えばよいのですが、ほとんどがそうだと思われる「歪みがひどい人」は矯正法を行う必要があり。
その、各自の歪みに応じた矯正法は熟練した人でなければ処方できないわけで。
そんな中、個人的には毎晩正体術を試みて就寝してます。
歪みは普通にひどい方だと思いますけど。(^^ゞ

はじめて一週間くらいになりますが、けっこう体調も気分もよいです。
正しく出来ているのかは不明。
でも、本に載っている正体術を、出来るだけ無理なく気持ちよくやってる分には、取り立てて害はないはず。
ていうか、続けていて思ったのは、いつも寝る前や起きる時にやっている、寝床での気持ちのよい「伸び」に似ているということ。
基本的正体術の姿勢を取り、そこから、痛みや無理のない姿勢を模索し、出来れば気持ちのよい姿勢や角度、方向を探し・・・。
というプロセスは、なんだかとっても操体法的。
続けていくことで、気持ちよく基本的正体術の姿勢になっていったら面白いかも。
ともあれ、地味に続けてみましょう。

しかし、正体術復刻版第一弾として高橋迪雄氏の「正体術大意」を出せたのはしあわせ。
読んでいて、「なるほど、操体法の源流ここにあり」とシミジミしていまいます。

正体術復刻版第二弾としては、大正15年照国会発行「健康真源 正体術」を製作中。
タイピングも終わり、現在校正を進めているところ。(これにものすごく時間がかかるw)
こちらは跋(あとがき)部分の著作権確認が取れていないとのことでしたが、それ以外の全文に関する出版に対しては正式に国立国会図書館の許可を得ました。

当分正体術の世界に浸れそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »