« 古法按摩の摩(な)でる技 | トップページ | 「按摩師甚五郎」 2 (ショートショート) »

2016/08/30

「按摩師甚五郎」(ショートショート)

「按摩師甚五郎」 F氏の時間

そろそろ日曜朝、NHK-FM「名演奏ライブラリー」の時間。
コンポのスイッチをCDからラジオに切り換える。

ピンポーン。
予約時間通りに入り口の呼び鈴が鳴り、「おはよう~!甚五郎く~ん!」という声。
近所中に響きわたる気持ちのよいバリトン。この時間は音大の先生F氏の時間だ。
「体がゆるむと声の響きがまったく違うんだよ。按摩は実に素晴らしいね。」と毎週やって来る。

二人でお茶を飲みながら、まずはラジオから流れる名演奏に耳を傾ける。
F氏はいつも音の世界にどっぷりと浸り切る。
そんな人と共に聞く音楽は、いつもとはまったく異なり、艶々とした広がりのあるものになる。
「感覚だけではなく、感性もまた共鳴するのです。」
甚五郎は毎回しみじみと思う。

「甚五郎くん、ここで若者は恋に落ちるんだ。そう、世界はバラ色に輝く。木々も花々もキラキラと輝き……、素晴らしいねえ!」
今日はオペラの名演奏。
イタリア語なのか、甚五郎には歌詞の意味はまったくわからない。
それまでの明るい曲調から一転。
「あぁ、彼女は逝ってしまった。何故なんだ・・・。どうして逝ってしまたんだ!」
どうやらそういう展開のようだ。
「母さん、許しておくれ。ぼくも彼女の後を追うよ。彼女のいない世界は・・・。」

ひとしきり浸った後で甚五郎は尋ねる。
「この曲はそういう歌詞だったのですか。」
「ん?違うよ、甚五郎くん。音楽はねぇ、自分で世界を、ストーリーを作るんだよ。」
「・・・なるほど。世界は自分で作るのですね。」と、どこか曖昧としながらもストンと腑に落ちる甚五郎。

F氏が入室してから数十分後、ようやく按摩の施術が始まった。



昔書いた日記を、甚五郎というキャラクターを主人公にショートショート風にしてみました。
けっこう楽しいので、このシリーズでまた書いてみたいかも。

仮想通貨モナコインの投銭が出来る掲示板「AskMona」内「自作の短歌を書いていく6」トピックに投稿したものです。
「AskMona」や仮想通貨の使い方、遊び方の記事も掲載している短歌&仮想通貨モナコインマガジン「もな歌」(製作担当:puru)の製本雑誌版販売終了を受けて、現在PDF改訂版(A4,88頁)を無料配布しています。
詳細は公式サイト「創作ひろば もな歌」をご覧くださいませ。

|

« 古法按摩の摩(な)でる技 | トップページ | 「按摩師甚五郎」 2 (ショートショート) »

按摩マッサージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/64130567

この記事へのトラックバック一覧です: 「按摩師甚五郎」(ショートショート):

« 古法按摩の摩(な)でる技 | トップページ | 「按摩師甚五郎」 2 (ショートショート) »