« ド素人が製本雑誌を作ってみる(短歌&仮想通貨モナコインマガジン「もな歌」) | トップページ | スポーツ新聞風記事作りが面白い »

2015/12/22

短歌やお絵描き、仮想通貨で遊ぼう!

「もな歌」3
というわけで、今月、短歌&仮想通貨モナコインマガジン「もな歌」電子書籍版第3号が発刊になりました。

電子書籍作りも3作目になり、ようやく電子書籍作りにも慣れてきたかも知れない今日この頃。
今回はAmazonでのKindle出版を視野に入れていたので、表紙やその他画像の体裁をKindle標準仕様に準拠。
そのお陰で、これまでは思いつきで適当に決めていた画像サイズを、スマホやタブレットでスッキリ表示されるサイズに統一することが出来ました。

前回の製本雑誌版「もな歌」から仮想通貨関連広告を掲載しはじめたのですが、電子書籍版では初めての仮想通貨関連広告掲載。
画像サイズをKindle標準仕様に統一することで、広告画像作成もこれまでになくかなり良い感じで仕上がっています(自己満足比w)。

下は国産暗号通貨両替所さんの広告。
国産の暗号通貨を専門に両替するサービスですが、電子書籍版「もな歌」も各種国産暗号通貨で買えます。

1512221

国産暗号通貨の各コインデザインを画像ソフト上に並べ、あーでもないこーでもないと並べ替えたり、背景デザインをいじっているうちに出来上がったもの。
最初は「国産暗号通貨」という語感から武骨なデザインを模索していたのですが、「へぇ~、こんなスッキリしたデザインになるのか」と我ながら意外なデザインに。
かなりお気に入り。

次はお友だちの「好奇心をくすぐるブログ」の広告画像。
ブログタイトルに合う素材写真を選び、最近のブログ記事を挿入。
この写真は超お気に入りなのです。

1512222

今回は掲載広告9件中7件を作成させてもらったのですが、画像をいじるのはほんと楽しくてしあわせ。

電子書籍版「もな歌」第3号は、「恋短歌」企画や1日だけの「七夕短歌」企画、短歌にイラストをつけた作品、短歌作成指南書、ショートショートや国産暗号通貨に関する記事などを収録し、以下の場所で購入できます。
・Amazon:短歌&仮想通貨モナコインマガジン もな歌3 (自作の短歌を書いていく) [Kindle版] \ 242
・デジケット・コム:短歌&仮想通貨モナコインマガジン「もな歌」電子書籍版第3号 \ 100
・Monappy:短歌&仮想通貨モナコインマガジン「もな歌」第3号 \100相当モナ
・国産暗号通貨両替所:(DL販売)『もな歌』3号 e-pub版 \100相当各種国産暗号通貨

仮想通貨モナコイン
「もな歌」は、「Ask Mona」掲示板という仮想通貨モナコインをやり取りできる掲示板「自作の短歌を書いていく」トピックから生まれた雑誌。
仮想通貨ビットコインをもはや知らない人はいないでしょうが、実際のところ、この日本で何かの支払いやサービスでビットコインを利用出来る所はほとんどありません。
とっても残念なんですけど。

仮想通貨といえば、送金手数料ほぼゼロで、個人が気軽に通貨のやり取りが出来るというのが最大の特徴。
これまでは、通貨やお金を送金するには、銀行やしかるべき決済サービスに手数料を支払って行う必要がありました。
それが、仮想通貨を利用することで、個人が個人やサービスに自由に気軽に通貨やお金を送金出来ます。
しかも、送金手数料がほぼゼロなので、数円単位の送金もどこへでも気軽に出来ます。

実際、「Ask Mona」掲示板では、誰かの投稿に対して「いいね」テイストでモナコインを送金する「投げモナ」が日常的に行われています。
その投げモナの金額は1モナ(今のレートで7円)だったり0.1モナ(0.7円)だったり。
もしモナコインがある程度貯まったら、日本最大のビットコイン・モナコイン取引所「Zaif」を通すことで円として出金が可能です。
逆に、ある程度まとまったモナコインが必要な場合は取引所「Zaif」に円を入金してモナコインを購入することも出来ます。

今回出版した「もな歌3」はAmazonやデジケット・コムという各種円決済に対応したサービスを利用して販売していますが、これらサービスではある一定以上の売上利益金額、例えば5,000円以上などの金額に充たないと出金出来ませんし、それなりの販売手数料や出金手数料が必要になります。
例えばAmazonでの価格242円Kindle販売ですと、35%ロイヤリティで85円ですからKindle最低支払額10,000÷85=117冊以上売らないと出金出来ないことになります。
果たして出金できるのかなぁ。(^^; 無理?

それに対して、「もな歌3」はモナコイン決済でデジタルコンテンツ販売が出来るモナコインポータルサイト「Monappy」でも販売していますが、販売手数料1%のみで売上利益はそのまま送金手数料なしで自由に出金・送金出来ます。
「もな歌3」が1冊売れれば、100円-1%(1円)=99円(相当モナコイン)を即刻自由に出金・送金出来るというわけ。
こういったデジタルコンテンツ販売はあまり一般的な例とはいえないかも知れませんが、仮想通貨の便利さや自由度の高さはわかりますよね。

国内で、個人が個人としてのパフォーマンスを遺憾なく発揮できる可能性を持つ通貨、モナコイン。
なんとか、もっともっとこのモナコインで遊んでみたいのです。

「自作の短歌を書いていく」トピック
というわけで、ひとまず「Ask Mona」掲示板内「自作の短歌を書いていく」トピックです。
日本人であれば、頑張ればなんとか、慣れれば楽しみながらひねり出せる57577の短歌。
まずは、短歌を作って「自作の短歌を書いていく」トピックに投稿してみませんか?
投稿すると漏れなく投げモナが貰え、共感を得た短歌には更に複数の人たちから投げモナが飛んで来ます。

「自作の短歌を書いていく」トピックでは、当初は短歌の投稿のみ受け付けていましたが、その後俳句や都々逸、ショートショート、4行詩、1行詩、イラスト、ボーカロイド楽曲、写真、4コマ漫画など、およそデジタル投稿可能な創作物であればなんでも可、的な状況になっています。
今はまだ参加者がそんなに多いとは言えませんが、もっともっと多くの人が参加して、多様な創作物がアップされたら面白いと思います。
みんなが気軽にそして精力的に創作活動を行って投稿し、それに対してみんなの投げモナがパラパラと降り注ぐ。。。
楽しいと思いません?

ちなみに、現在「自作の短歌を書いていく」トピックでコンスタントに行われている企画への賞金や、投稿に漏れなく投げモナが行われているのは、寄付や「もな歌」の売上もありますが、トピック主宰者の持ち出し金のお陰でもあります。
なんとか「もな歌」の売上だけで、余裕で企画賞金や投げモナ資金を賄いたい、というのが今のぼくの目標です。

というわけで、興味のある方は是非とも「もな歌」を買って読んでみて下さい。
そして、是非とも「自作の短歌を書いていく」トピックに参加して、創作物を披露し合いましょう。
短歌や創作物の巧拙は関係なくて、もの作りを楽しむ心、それを共有したいのです。

公式HPもありますので、そちらもよろしくです。

・創作ひろば「もな歌」:作品投稿で仮想通貨モナコインをゲットしよう!
http://monauta.web.fc2.com/


|

« ド素人が製本雑誌を作ってみる(短歌&仮想通貨モナコインマガジン「もな歌」) | トップページ | スポーツ新聞風記事作りが面白い »

仮想通貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/62918564

この記事へのトラックバック一覧です: 短歌やお絵描き、仮想通貨で遊ぼう!:

« ド素人が製本雑誌を作ってみる(短歌&仮想通貨モナコインマガジン「もな歌」) | トップページ | スポーツ新聞風記事作りが面白い »