« 朝のスロージョギングと神社と四股 | トップページ | バンザイして床で転がってみた »

2014/06/29

床で転がって遊んでみる

岡田慎一郎/著「親子で身体いきいき 古武術あそび」を読んで、中にあった転がる遊びをやってみました。

正座しておじぎをするように、お腹と腿、膝と肘がつくような感じで、つぶれたようにうずくまり。
そのまま横に転がってもとの状態に戻る、という単純な動き。

なるほどぉ~。
はじめは、ゴッツン、ゴッツンと転がってしまいますね。
身を固くし、そのままの状態で転がろうとしてしまう。
肩が床にゴツン!
腰骨が床にゴツン!
ゴロッ!ゴロリ。
・・・苦笑。

なんでしょ、「物体が移動する」イメージで動いちゃうんですね。

というわけで、上記の状態で転がると、体のあちこちが痛いし、床も可哀想だし、なんだかすご~くカッコ悪いので。
もっとスムーズにしなやかに転がれないかと試行錯誤。

できるだけ体の力を抜いて、重力や体重の移動に身を任せ、軟体動物になったつもりで転がってみます。
ふむふむ。
まだあちこちゴツンとします。(^^;

右転がりと左転がりでは股関節の硬さやしなやかさが違うので、しなやかな方を手本にしてみたり。
できるだけゆっくりと転がってみたり。
体に優しく、床には寄り添うように・・・。

最初よりずいぶん柔らかく転がれるようになりましたが。
まだまだしなやかさが足りないし、床と仲良く出来ていない。

しかし、これ、ちょー面白いです。
全身の感覚をまんべんなく使う感じとか、動物に戻れそうな感じとか。
加齢とともに硬直化していく体にはもってこいかも。

当分これでも遊んでみます。

|

« 朝のスロージョギングと神社と四股 | トップページ | バンザイして床で転がってみた »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/59895969

この記事へのトラックバック一覧です: 床で転がって遊んでみる:

« 朝のスロージョギングと神社と四股 | トップページ | バンザイして床で転がってみた »