« 腰割りと股関節とインナーマッスル | トップページ | 腰割りと股関節周囲解剖図 »

2013/06/02

腰割りの訂正と股関節の気持ちよさ

腰割りって、膝を曲げて腰を下ろし、そして膝が真っ直ぐになるまで戻す動作だったのですね。
「気持ちよい楽な範囲で上下する」でも間違いではないとは思いますが、基本は上記動作でした。(^^ゞ

というわけで、図もそれを元に修正。

Koshiwari33

あんど。
YouTubeでいろいろと相撲の稽古風景を見ていたら、腰割りの上下動作の後に、左右に体重移動しているものがありました。

実際に試してみたら、これがまた股関節が気持ちよいのです。
また、この左右への体重移動は、このまま体重を預けてしまえば四股へ移行出来ちゃうわけで、四股の準備にもなります。

Koshiwari34

ぼくは右股関節の大腿骨頭が少しズレているようで、今ひとつ動きや可動性に引っ掛かりがあり。
それが、膝を真っ直ぐ伸ばす腰割りをすると、膝を伸ばした状態で股関節の違和感がすごくハッキリと感じられます。
この違和感を感じるのも、なんか心地良いのです。

10回くらい上下に腰割りして、その後10回くらい左右に体重移動。
これがまた楽しくて、今日は仕事の合間に度々やっていました。

(ちょっとやり過ぎかも。(^^ゞ)

それにしても相撲の稽古って、いろいろバリエーションがあって奥深い。

 

|

« 腰割りと股関節とインナーマッスル | トップページ | 腰割りと股関節周囲解剖図 »

相撲基本稽古」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/57510357

この記事へのトラックバック一覧です: 腰割りの訂正と股関節の気持ちよさ:

« 腰割りと股関節とインナーマッスル | トップページ | 腰割りと股関節周囲解剖図 »