« 治療室の立て看板を作ってみた(2)文字入れ | トップページ | Chrome(Iron)からSleipnir4に乗り換え »

2013/02/26

治療室の立て看板を作ってみた(3)木ネジと組み立て

ネジ穴開け

板材への文字入れ以上に大変だったのが、ネジ穴を錐で開ける作業。
とはいっても、単にぼくが不慣れだったが故の大変さで、作業が進むにつれてそれほど大変ではなくなりました。

1302255

そもそも、こんなに大きな木ネジを扱うのははじめてのこと。
この大きさの木ネジだと、直接ねじ込んだら板材を割ってしまうので、あらかじめ錐で穴を開けるのですが。
その勘どころがぜんぜんわからず。

とりあえず、最初は錐で板材を貫通するまで穴を開けてみようと。
かなり強く錐を下に押しながらクリクリ回してしていたら。
錐を壊しちゃいました。(*^^*ゞ

錐の刃(金属部分)が空回り。

手許に小さい釘があったので、それを錐の刃の付け根に2、3本打ち込み、なんとか修復。
修復とはいえ、釘をとにかくテキトーに打ち込んだので、センターがズレて回転させるとブレるのですが。(^^;
何はともあれ、使用可能までには修復。

教訓。
錐は力任せに押すな。
押す力はそこそこに、回転力で穴を掘れ。
みたいな感じでしょうか。

結局、錐での穴開けは板材の半分も行かないところまで開けて、その後木ネジをねじ込んでも板材は割れないのでした。

組み立て

すべての板材のネジ穴を開けたら、次は木ネジで留めながら組み立て。

その後蝶番とあおり止めをつけ。
透明アクリルラッカー・スプレーを2度ほど吹きつけて。
ゴム脚キャップをつけたら完成です^^

1302253

設置場所は上に屋根がありますが、強い雨風の時以外は常設予定。
なので、木材やペイントの劣化防止に、念のための透明スプレーとゴム脚キャップ。

また、ここは強い風が吹くことが多く、完成前は強風対策用に何かの重しが必要かと思っていましたが。
いざ完成してみると、木のベンチくらいのドッシリとした重さがあり、強風を物ともしません。
とはいえ、想定外の突風があるやも知れず、念のためにワイヤーで建物と繋いでいます。

 

|

« 治療室の立て看板を作ってみた(2)文字入れ | トップページ | Chrome(Iron)からSleipnir4に乗り換え »

心と体」カテゴリの記事

コメント

完成ヽ(〃≧∀≦)ノ☆゚'・:*☆オメデトォ♪
ぷるさん、仕事が丁寧shine
そして看板 おしゃれ~up
隙間があるのは、風を通して、突風対策になりそうですね。

投稿: poohan | 2013/02/26 17:16

こんにちは~、poohanさん。

コメントありがとう^^

今日は、捨てられずにいたカマボコ板5枚に、余った塗料を塗ってやりました。

水晶さんの台にしていたのですが、そのままだとどうしても「私カマボコ板ですが、何か?」みたいな顏しているので。(^^;

3度塗りして今日ひと晩乾燥。
明日、少しはカマボコ板顏が抜けているか楽しみ^^

投稿: puru | 2013/02/26 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/56844791

この記事へのトラックバック一覧です: 治療室の立て看板を作ってみた(3)木ネジと組み立て:

« 治療室の立て看板を作ってみた(2)文字入れ | トップページ | Chrome(Iron)からSleipnir4に乗り換え »