« X-Ironでの複数プロファイル作成方法 | トップページ | 治療室の立て看板を作ってみた(2)文字入れ »

2013/02/25

治療室の立て看板を作ってみた(1)

13022532タクシーで来た患者さんが運転手さんに「伏見治療室さんってまだやっているんですか?」と聞かれたとか。

確かにねえ。
外から見た感じでは、営業しているのかどうかわからないですよね。(^^;

治療室は街道沿いで、一応二階の高さには立派な蛍光灯入り看板がついているのですが、ゆるやかなカーブのほぼ頂点あたりに位置していることもあり、すご~く目立たない、というか普通に通ったら気がつかない存在だったりして。

というわけで、目線の高さに設置するA型立て看板を自作しようと思い立ちました。
参考にしたのは以下のブログ。

・A型看板の作り方|作家もの和食器の店 -うつわ ももふく- blog 作家の作る普段使いの和食器を日々の食卓に。
http://ameblo.jp/utsuwa-momofuku/entry-10937277137.html

このブログを見て「これならぼくにも作れるかも」と思い立った次第。
ブログ主さんに感謝。m( _ _ )m

さっそくホームセンターで材料の買い出し。

  • 板材
    • 荒材・赤松:900mm×40mm×30mm→4本
    • パイン材:910mm×140mm×15mm→4枚(それぞれ半分の長さにカット→8枚)
  • 塗料
    • オイルステン:0.7l
    • テレピン油うすめ液:120ml
    • 透明アクリルラッカースプレー
  • ネジ、金具、その他
    • 木ネジ:3.8mm×38mm→14本×3
    • 蝶番
    • あおり止め
    • ゴム脚キャップ×4
    • ワイヤー
    • 紙ヤスリ:120番

1302252

しめて5500円ほどでした。

完成予想図

参考にしたブログと板材のサイズや枚数が異なるので、ひとまず画像ソフトで完成予想をシミュレーション。

1302251

パソコンの存在は有り難いですよね。
工作前にだいたいの完成予想図が作れちゃいますから。

ここで使った文字はA4サイズの用紙にプリントアウトして、あとで実際の立て看板の文字入れ時に使います。

ヤスリ掛け

次は板材にヤスリ掛け。
ホームセンターで910mmを半分の455mmにカットしてもらった看板用板材のパイン材表面はヤスリ掛けの必要はありませんでしたが、そのカットした切断面や脚用の荒材は、指でなぞってスルッとする感じにヤスリ掛け。

塗装

思ったより時間がかかった塗装。

板材を斜めに立て掛けて、板材表と側の三面を塗装。
4時間ほどで乾き、もう一度塗って二度塗り。
これで一日経過。

次の日は裏面を二度塗り。
結局塗装だけで二日経過。

1302171

 

|

« X-Ironでの複数プロファイル作成方法 | トップページ | 治療室の立て看板を作ってみた(2)文字入れ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/56837380

この記事へのトラックバック一覧です: 治療室の立て看板を作ってみた(1):

« X-Ironでの複数プロファイル作成方法 | トップページ | 治療室の立て看板を作ってみた(2)文字入れ »