« Facebookアカウントを削除しちゃった | トップページ | X-Ironでの複数プロファイル作成方法 »

2013/01/10

感覚を目覚めさせるマッサージ

年末年始、ほとんど家を出ずに運動不足だという患者さん。
体に触れた感触がドヨンと澱んでました。

皮膚や皮下組織の感触が澱むと、身体全体の感覚が鈍くなり、呼吸も浅く、気分も閉塞的、思考の幅も狭くなります。
伸び伸びと連鎖&ジャンプしていた思考も、狭い範囲内で限定的な行ったり来たりを繰り返し。
行動力も行動範囲も閉塞的。

1301101

puru「(揉みながら)こんな感じでドヨンとした感触になっちゃってますねぇ」
患者「ですねぇ」
puru「呼吸も浅くなっちゃってるし」
患者「はい。気持ちもドヨンとしてます」

ぼくが出来ることは、そのドヨンとした体の感触を、じっくりと丁寧に、なぞるように彫刻を彫るように確かめることだけ。
その感触をリアルに掴めば掴むほど、受ける側の体の感覚が蘇るのです。

澱んで鈍っていた体と感覚が「おぉ、こんな感じになっていたんだぁ」と自覚し、目が覚めてくるような感じ。

感覚の目が覚めてくると、浅くなっていた呼吸も「ふぅ~」とひと息入れて広がりだし。
棒のように硬くなっていた背骨も、しなるようにゆるんできます。

ドヨン、から、風通しのよい体に。
爽やか^^

 

|

« Facebookアカウントを削除しちゃった | トップページ | X-Ironでの複数プロファイル作成方法 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

本年もよろしくです。


澱んだ体は、硬いからが被ってるみたいですね、その絵によると。
私もかも・・・。

投稿: 玉兎 | 2013/01/10 21:30

こんにちは、玉兎さん^^

>本年もよろしくです。

こちらこそよろしくです。m( _ _ )m

>澱んだ体は、硬いからが被ってるみたいですね、その絵によると。

誰でも澱んだところはありますよ。
もちろんぼくも。o(^-^)o

感覚がなくなっていたり鈍っていたり。
微妙にうごめくように動かせないところ、うまく呼吸が入らないところ、などなど。
そんなところは、皮膚や皮下組織、筋肉などが澱んで弾力がなくなってたり硬くなっていたりします。

逆にいえば、誰でもそんなところがた~くさんあるので、覚醒させたり開発したりする余地は、果てしなくあるわけであり。
人は、可能性のかたまりなのです。(^^)るん

別にマッサージじゃなくても。
前に書いた呼吸を開くストレッチなんかでも。
続けていると、少しずつ広がっていくのです。

かくいうぼく自身、マッサージいらずで、日々(アップダウンはありながらも)より風通しのよい体になっていっているのでした。(^^)

投稿: puru | 2013/01/11 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/56510322

この記事へのトラックバック一覧です: 感覚を目覚めさせるマッサージ:

« Facebookアカウントを削除しちゃった | トップページ | X-Ironでの複数プロファイル作成方法 »