« またまたChromeのテーマを自作してみた | トップページ | CRTモニター2台ゴミ出し完了 »

2012/04/15

「按腹図解」写真資料に現代文字を添えた

先日、写真アルバム&ビュワー作成ソフト「jAlbum」で江戸時代の写本の復刻版「按腹図解」のアルバムを作ったのですが。
ご機嫌に眺めていて、フト思い至ったこと。
そういえば、この写本の復刻版。
時々ご満悦に眺めてはいたものの、ちゃんと読んだことがなかった。orz

というか、あの江戸時代のミミズがのたくったような変体仮名は素人には読めません。
無理。(^^;

以前、ちょっとした短文を古語辞典附録の異体字表とにらめっこしながら、暗号解読のように読んだ経験はあるのですが。
あれだけの量は絶対無理。
しかも変体仮名の使い方がすごくランダム。

例えば、「の」は「乃」「能」「濃」「農」「酒」「野」といった漢字を崩して書いてあるのです。
1~2種類くらいだけならば、だいたい当たりをつけられそうですが、これだけ種類があってしかもクセのある草書だったりし。
文脈によってどんな字を使うか、ある程度法則性ってあるのでしょうか。
なんかテキトーに思いつきで使ってるんじゃないか、なんて思ってみたり。

とはいえ。
幸い手許に1986年に谷口書店から刊行された「導引口訣鈔」の中に「按腹図解」が収められており。
明治20年に発行された復刻本の、そのまた復刻本。
こちらはちゃんと現代(にかなり近い)文字で書かれてあるので、この谷口書店版を参考にしつつ、ぼちぼちと画像データに現代文字を添付していくつもりです。

今はまだ2ページだけ。
画像に直接現代文字を挿入していますが、各ページ下部にはテキストとしても記載してあります。
ある程度分量が貯まったら、テキストで読めるページも作るつもり。

しかし、古典と向き合う時間が持てる、というのはしあわせ^^
またひとつ愉しい遊びを思いついてしまったのだ。
(完成するまで続くかどうかは不明 (^^;)

・按摩古典書「按腹図解」Ver.2現代文字添付版写真資料
http://anmasan.com/koten/anpuku2-index.htm

 

|

« またまたChromeのテーマを自作してみた | トップページ | CRTモニター2台ゴミ出し完了 »

按摩マッサージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/54478692

この記事へのトラックバック一覧です: 「按腹図解」写真資料に現代文字を添えた:

« またまたChromeのテーマを自作してみた | トップページ | CRTモニター2台ゴミ出し完了 »