« 久しぶりに「操体法実技入門」を更新したよ | トップページ | 身体内部の微妙な連動練習(操体法)にもよいよ(2.手首の内転と外転) »

2012/03/15

操体法の抵抗を独習してみる?(1.手首の底屈と背屈)

というわけで、操体法の抵抗(または補助抵抗)を独習する動画を作ってみました。

自分で自分の動きに抵抗をかけるわけですから、実際の治療場面での患者さんの動きに対する抵抗(力の加減)とはかなり異なります。
とはいえ、自分自身の体の動き、その全身が連動する感触をつかんだり、末端(ここでは手首)を極める練習にはなります。
(末端をしっかりと極めてあげると、動く側は動きのベクトルが明確になって動きやすくなります)

ぼく自身、暇な時にはひとりで手首をいろいろな角度に極めてみたり、全身の連動の感触をうごめきながら確かめたりします。
繰り返していると、患者さんの連動をシミュレーションしやすくなったり、手首以外でも「極める」感触が実感的イメージとして明瞭になってきます。

※極め方は動画や下記説明の他にも可能です。
 自分で工夫してもっとフィットする極め方を編み出してみてください。


1.底屈:末端(手)への抵抗 --抵抗の独習

・極め方
片方の親指と人差し指で、反対の手首を挟むように固定します。
その状態で、小指側の腹のあたりで反対の手の甲を押すようにして、底屈した状態に極めます。

・動き
極められた手を反らすように動きはじめます。
抵抗する側の手は、固定した親指と人差し指を軸にして、小指側の腹で抵抗するようについていきます。

動きはじめたら全身が協調的に連動するように動いていきましょう。
抵抗する側の力は、手首がちゃんと動いていける程度の強さで抵抗しつつついていきます。
手首が反っていかないほど強くしないように。

ある程度動いたら、ストンと脱力して終わりです。


2.背屈:末端(手)への抵抗 --抵抗の独習

・極め方
片方の中指(または人差し指)で、反対の手首の甲側に当てます
その状態で、母指で反対の手の平中央を押すようにして、背屈した状態に極めます。

・動き
極められた手を底屈するように動きはじめます。
抵抗する側の手は、手首甲側に当てた中指(または人差し指)を軸にして、母指の腹で押すように抵抗しながらついていきます。

動きはじめたら全身が協調的に連動するように動いていきましょう。
抵抗する側の力は、手首がちゃんと動いていける程度の強さで抵抗しつつついていきます。
手首が底屈しないほど強くしないように。

ある程度動いたら、ストンと脱力して終わりです。



 

|

« 久しぶりに「操体法実技入門」を更新したよ | トップページ | 身体内部の微妙な連動練習(操体法)にもよいよ(2.手首の内転と外転) »

操体法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/54228098

この記事へのトラックバック一覧です: 操体法の抵抗を独習してみる?(1.手首の底屈と背屈):

« 久しぶりに「操体法実技入門」を更新したよ | トップページ | 身体内部の微妙な連動練習(操体法)にもよいよ(2.手首の内転と外転) »