« SOPAとMegauploadとアノニマス | トップページ | アノニマス72時間後一斉攻撃はデマだったみたい »

2012/01/23

アノニマス72時間後一斉攻撃の真偽

仕事中、72時間後までにMegauploadが回復しなかった際アノニマスが国連やPlayStationネットワーク、Xbox Live、アメリカの複数金融機関、Twitter、Facebook、Youtubeなどを一斉攻撃する必然性やメリットを考えていたのですが・・・。
やっぱりただの暴挙としか思えず。

検索していたら、こんなページが。

・ハッカー集団・アノニマスが米大手サイトを削除。次なるターゲットがXbox LIVEとなる可能性は?
http://www.kotaku.jp/2012/01/xbox_live_anonymous.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

週末に、アノニマスからとされるあるビデオが公開されました。
そこでは、Megauploadが72時間以内に復旧させなければ、国際連合UN、Capital One(米銀行)、ツイッター、Facebook、YouTubeを攻撃するとされていました。

いったいMegauploadの停止と関係者たちの逮捕に、それらのサイトにどれだけ関係があるというのでしょうか?

また、このビデオには「ただのアノニマス気取りだ」というコメントもありました。
アノニマスはツイッターで「我々がツイッター、Facebook、YouTubeを停止させると言っている人たちww我々の情報発信手段を停止させる理由がどこにある?」などとツイートしています。

そう思いますよね。

とはいえ、いまだ真偽は謎。

 

|

« SOPAとMegauploadとアノニマス | トップページ | アノニマス72時間後一斉攻撃はデマだったみたい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/53806046

この記事へのトラックバック一覧です: アノニマス72時間後一斉攻撃の真偽:

« SOPAとMegauploadとアノニマス | トップページ | アノニマス72時間後一斉攻撃はデマだったみたい »