« ガンを飛ばすハト | トップページ | 透明効果入りIllustratorオブジェクトをeps保存 »

2011/09/12

心地よさの共感実験:操体法

人と人とが触れ合っていれば、ある種の感覚的な場が共有されているはず。

マッサージでも、硬い手で触れた場合と、柔らかく包み込むように触れた場合とでは、触れられる感触はまったく違います。
ということは、やや硬めの手で触れて、その手がふにゅんと柔らかくなった場合は?
触れられている体、箇所はどう反応するんでしょう。

面白そう^^

では。
操体法で得意な膝裏のコリを触診し、軽くコリに触れたまま。
操者自身が気持ちよく「ふにゅ~ん」と体を動かして「ストン」と脱力、というのを、やや抑えめに、受け手にあまり動きの影響が出ない程度にやったら。
感覚場を共有しているであろう、受け手のコリも軽減するんじゃないか。
いや、変わるに違いない。

というわけで、プラバさんで実験。
アッサリと膝裏のコリは小さくなりました。
うほほ。(^^)

が、しかし。
プラバさんはぼくのパートナーだったりするし、ぼく同様の感覚オタク(よく言えば繊細な感覚)なので。
特殊例なのかも知れず。

今度、お馴染みの患者さんで検証してみることにしましょう。

|

« ガンを飛ばすハト | トップページ | 透明効果入りIllustratorオブジェクトをeps保存 »

操体法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/52711160

この記事へのトラックバック一覧です: 心地よさの共感実験:操体法:

« ガンを飛ばすハト | トップページ | 透明効果入りIllustratorオブジェクトをeps保存 »