« 風力発電ウィンド・パワー・いばらきがスゴイ^^ | トップページ | 風力発電などの電力買い取り制度が閣議決定(03/11) »

2011/04/10

2020年には風力発電で1,000万kW!

ひとつ前の投稿で引用した記事には以下の内容もありました。

・風力発電フル稼動、被災地支える 三谷商事、地震耐え無傷
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/27405.html

政府の「海洋再生可能エネルギー戦略」素案では、海洋の風力発電で、2020年までに原子力発電所約10基分に相当する1千万キロワット以上の発電量を目指すとしている。

なんと、あとたった9年後の2020年には、原子力発電所10基分に相当する1,000万kW以上の発電量を目指す、政府の案。
「海洋再生可能エネルギー戦略」って・・・。

・洋上風力発電を原発10基分に 政府の海洋エネルギー案:47News
2010/05/08 20:12 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010050801000567.html

政府の総合海洋政策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)が検討している「海洋再生可能エネルギー戦略」の素案が8日、明らかになった。

海洋に風力発電設備を設け、2020年までに原子力発電所10基分にほぼ相当する1千万キロワット以上の電力を生み出す。

直径120メートルの大型風車が2千基以上稼働する計算だ。

波力や潮流を使ったエネルギー技術も開発。12年から実施し、温室効果ガス削減や沿岸部振興につなげる。

・海洋エネルギー戦略の要旨:徳島新聞Web
2010/5/8 18:09
http://www.topics.or.jp/worldNews/worldDetail/2010/05/2010050801000572.html

政府の「海洋再生可能エネルギー戦略」の素案の主な内容は次の通り。

 一、1年後をめどに「海洋再生可能エネルギー開発・普及計画」を策定し、2012年から実施。地球温暖化防止や地域振興を目指す。
 一、洋上風力発電の開発と普及を強化。20年までに洋上での風力発電量を原子力発電10基分にほぼ相当する1千万キロワット以上に拡大。
 一、洋上での風力利用によって低周波騒音問題を回避。
 一、洋上風力発電の拡大で、鉄鋼、船舶、機械などへの波及効果や雇用創出を期待。
 一、洋上風力発電の研究開発や設備設置に財政支援を検討。
 一、政府、地方自治体、電力会社などの役割分担を検討。
 一、耐久性を高め、大型化するための実証試験を10年度から開始。
 一、技術開発や普及のための工程表を作成。風力発電技術の国際標準づくりに指導力を発揮。
 一、洋上風力発電によって生み出された電力を、電力会社が買い取る制度の導入を検討。
 一、洋上風力発電所の周辺海域で操業する漁業者との権利調整が課題。
 一、波力発電や潮流発電など研究段階にある新たなエネルギー源の開発や実験を支援。

残念ながら、「海洋再生可能エネルギー戦略」に関する記事はこれくらいしか・・・。orz
これが現在も進行中なのか、また調べてみます。

|

« 風力発電ウィンド・パワー・いばらきがスゴイ^^ | トップページ | 風力発電などの電力買い取り制度が閣議決定(03/11) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/51351396

この記事へのトラックバック一覧です: 2020年には風力発電で1,000万kW!:

« 風力発電ウィンド・パワー・いばらきがスゴイ^^ | トップページ | 風力発電などの電力買い取り制度が閣議決定(03/11) »