« 東京電力の発電量 | トップページ | 茨城の避難者数、4万5千人から4千人へ »

2011/03/18

東京電力、19日の計画停電は中止(19日以降も?)

・東北電力の計画停電中止、19~27日も:YOMIURI ONLINE
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110318/biz11031817560030-n1.htm

東北電力は18日、19~27日の計画停電を回避できる見通しになったと発表した。

需要を超える供給力を確保できる見込みとなったことが理由。
18日午前9時~正午と午後5~8時に予定していた計画停電も中止となり、15日に発表した16~18日の停電はすべて中止となった。

16~18日の需要は当初、ピーク時で約1050万キロ・ワットを見込んでいたが、企業活動の活発化が遅れていることや節電の協力があったため、800万~900万キロ・ワット程度に抑えられたという。
供給力は当初、約970万キロ・ワットと試算されていたが、降雨で水力発電所の発電量が増えたことなどにより、1050万~1080万キロ・ワット程度で推移した。

実施見合わせを決めている土日曜日と祝日以外で計画停電の可能性が残っているが、同社は「9割方回避できる」としている。

このニュースの数字がよくわかりません。

16日~18日の需要予測が1,050万kwで、実際の需要が800~900万kw・・・。
? ? ?

今日の夕刊では、今日18日ピーク時の需要予測が4,000万kwと書いていましたが・・・。

 ※追記
 まったくアホです。上の記事は東北電力でした。m( _ _ )m

他のニュース・・・・

・計画停電:東京電力…19日の実施は見送り:毎日jp
http://mainichi.jp/select/today/news/20110319k0000m040053000c.html

18日は、五つに分けたグループすべてで実施した。
東電によると、同日の供給能力は3400万キロワット。
一方、電力需要は、真冬並みに気温が下がった午前中3000万キロワット前後で推移し、帰宅ラッシュや家庭での点灯で電力需要が増える夕方には4000万キロワットに達する可能性があった。

しかし、午後からの気温上昇で暖房使用が減ったことや、家庭、企業での節電効果で、実際は3000万キロワット以下に。
当初予定していた、午前中に停電した二つのグループへの、夕方からの2巡目の停電は見送られた。

なるほど、なるほど。
ピーク時予測需要はやはり4,000万kwで、実際が3,000万kw以下だったということですね。

現在の供給能力3,400万kw前後でいけば、この節電状況が継続すれば19日のみならず20日以降も行けそうな感じなのかもですね。

|

« 東京電力の発電量 | トップページ | 茨城の避難者数、4万5千人から4千人へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/51153779

この記事へのトラックバック一覧です: 東京電力、19日の計画停電は中止(19日以降も?):

« 東京電力の発電量 | トップページ | 茨城の避難者数、4万5千人から4千人へ »