« 追い回すヒヨドリとあまり気にしない雀たち | トップページ | 貪欲な薬物吸収力 »

2011/02/01

繊細でピュアな体

とあるメーリングリストの配信を眺めていたら、ものすごく懐かしい名前が。
古い友人で、ボディーワーク仲間というか先輩。

確か、前に日記に載せていたことを思い出し、検索してみたら10年前でした。
そうかぁ、最後に会ったのは10年も前かぁ・・・。

01年9月27日

前回来たのは一年くらい前か。
忘れた頃にやって来る。

彼女のからだには、”繊細・無垢”という言葉しか思い浮かばない。
たぶん、ぼくが按摩してきたからだの中で、一番ピュアなからだ。
そう。
赤ちゃんのからだの触感に似ている。

ピュアーで、繊細で、傷つきやすいからだ。

足の小指から指もみをしつつ、親指に触れると。
前より明らかに力強い。
からだの軸、芯が力強く充実している。

指もみを終え、肩から按摩に入る。
優しく、丁寧に……。
はじめはとにかく繊細に……。

少しずつ、彼女のからだ、そして彼女のからだを包む空間にチューニングが合って来る。
あとは自分の手に任せればいい。
彼女と自分と、ふたりを包む空間を感じつつ。
それを眺めている自分がいて……。

彼女のことを思い出すと、その体の質、感触が蘇り。
繊細でピュアな感覚に包まれます。

彼女のセッションが、より多くの人に届きますように。

|

« 追い回すヒヨドリとあまり気にしない雀たち | トップページ | 貪欲な薬物吸収力 »

按摩マッサージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/50745250

この記事へのトラックバック一覧です: 繊細でピュアな体:

« 追い回すヒヨドリとあまり気にしない雀たち | トップページ | 貪欲な薬物吸収力 »