« 腹部マッサージの透視解剖図 @ Body Browser | トップページ | 「Body Browser」で解剖の勉強をし直す »

2010/12/20

頭の中、中心付近の力を抜く:Body Browserで確認

治療のはじめに指もみ(詳しくは過去の記事をどぞ)をする時。
できるだけ無駄な力を抜くようにします。

お腹や胸の場合は、お腹が空いた時の感じをイメージしたり、「ホッ」と安心するような感じにしたりし。
そうすると、本当にゆるんで、お腹がグルグル鳴ったりもします。

気がついてみると、最近は必要をかんじなくなっていますが。
以前は指もみをはじめると、頭の中、喉と鼻腔の奥の上の方に緊張を感じ。
そこを「ホッ」とゆるめるようにしていて。
そこがゆるむと、頭や首の緊張もゆるんでいました。

どのあたりなんだろうと、Body Browserで確認。

http://bodybrowser.googlelabs.com/body.html#ui=0,0&opa=s:0,m:0.18,sk:0.36,c:0.36,o:1,ci:0,n:0&sel=R_Sphenoid_Sinus,1,1,0.3,0.2&lab=R_Sphenoid_Sinus&nav=3.07,167.11,25.96
1012206


感覚的には、上図の青い円付近だと思うのですが・・・。
該当の場所は、鼻腔の上、蝶形骨洞付近になります。

蝶形骨洞って、感覚はあるのでしょうか。
腹鼻腔炎で、蝶形骨洞や篩骨洞にも炎症を起こすこともあるそうですが、感覚があるのかは不明。

強めに鼻から息を吸ってみたりしても、その入る息を感じる鼻腔のもっと奥のような気が・・・。

|

« 腹部マッサージの透視解剖図 @ Body Browser | トップページ | 「Body Browser」で解剖の勉強をし直す »

解剖&Body Browser」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/50353019

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の中、中心付近の力を抜く:Body Browserで確認:

« 腹部マッサージの透視解剖図 @ Body Browser | トップページ | 「Body Browser」で解剖の勉強をし直す »