« 体が自由に動く人体3D骨格アバター:セカンドライフ | トップページ | 「Life 2.0」松嶋x町山の未公開映画を観るTV・前編 »

2010/12/03

横向きでの背腰部マッサージ:3D解剖図

横向きで背腰部を按摩している時、皮膚や筋肉などのコリの感触を確かめていますが、同時に、触れている部分の背骨の可動性、動きも診ています。
ゆるんでいる部分の背骨は、お腹側が伸びるようにたわみます。
硬くなっている部分は、まるで一本の棒のようにたわみません。

背中を按摩するだけで、背中が硬くなっているのか、またはお腹側が緊張して縮み、可動性がなくなっているのか、ある程度確認出来ます。
背腰部をひととおり按摩したら、相手の脇の下に手を差し入れ、もう一方の手を背腰部に当て。
脇の下に差し入れたを引きながら、背腰部に当てた手を押します。
こうして、背腰部に手を当てた部の柔軟度とともに、反対側の腹部の硬軟(伸び)を確認します。
特に、脇の下に手を差し入れ、はじめに軽く引いただけで、胸部の硬軟(伸び)はハッキリと確認できます。

この後、背腰部に当てていた手を、母指に変えてピンポイントで確認していくのですが、とってもお気に入りの手技のひとつです。


1012031


あまりよく撮れていませんが、実際はこんな感じ。

せっかくスケルトンアバターを手に入れたので、この手技の時の骨の状態を確認したくて、ポーズを作成。
(セカンドライフでアバターにポーズや動きをつけるソフトに関しては「人体3Dソフトとしてのセカンドライフ」)に書いてます)

それがこれ。↓


1012032


普段はイメージすることもない、ベッドの下から見たスケルトン画像を含めて、いろいろな角度から撮影しておいたのですが・・・。
上の画像を見ていたら、俄然、この時の内臓も入れてみたくなりました。

そこで、「MedLips」で同じような視点の内臓をふたつ撮影。
骨盤、腰椎付近は、直角に近い角度で横になっていますが、胸部になるとかなり仰向けに近い状態になります。
そのふたつの画像を切り貼りし、繋ぎ部分を適当に修正。

出来た画像が下。↓


1012033

面白い。^^

便宜的に左肺臓はカット。
右から目につくのが、ピンクっぽい丸い心臓、その下の茶色っぽい大きいやつが右肺臓。
大腸の右横が肝臓で、その下にある大きいのが胃。
ちょっと下の赤っぽい脾臓と左右にある腎臓。

これを先ほどのスケルトンに乗せ、さらに透明度を上げた背骨だけ画像を乗せたのが下図。


1012034


楽しい。^^

(過去に書いた人体3D関連記事は「鍼灸マッサージ師、手技療法家のための人体3Dソフト」にまとめてあります)

|

« 体が自由に動く人体3D骨格アバター:セカンドライフ | トップページ | 「Life 2.0」松嶋x町山の未公開映画を観るTV・前編 »

按摩マッサージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/50199495

この記事へのトラックバック一覧です: 横向きでの背腰部マッサージ:3D解剖図:

« 体が自由に動く人体3D骨格アバター:セカンドライフ | トップページ | 「Life 2.0」松嶋x町山の未公開映画を観るTV・前編 »