« Chromeを別プロファイルで複数起動 | トップページ | 皮膚とカワ(2) »

2010/11/13

皮膚とカワ

マイミクさんが皮膚とカワのことについて書いていました。
たぶん、皮膚の操体とカワの操体のことだと思うのですが、ぼくはどちらも知りません。
もちろん名前だけは知っているのですが、手技としては使ったことはないのです。

とはいえ、皮膚やかわに関しては、按摩にとってもとても大切なところなので、ちょっと愛読書の「和漢三才図絵」から調べてみることに。


「和漢三才図絵」 巻十二 肢体部 附録

肌(はだ)〔音は飢〕 膚(はだえ)〔音は夫〕
 肌〔和名は加波倍(かはへ)〕は膚肉である。
 膚〔和名は波太倍(はたへ)〕は身体の肌である。革の外の薄皮である。

肉(にく)〔音は辱〕 膜(たなしし)〔音は莫(マク)〕
 肉〔和名は之之(しし)。
 膜〔和名は太奈之々(たなしし)〕は肉のウチの薄皮である。

皮(かわ)〔音は疲〕 革(あつかわ)〔音は格〕
 皮〔和名は加波(かは)〕は『釈名』(釈形体)に、被である、身体を被覆(おおう)するのである、とある。
 革〔阿豆加波(あつかは)〕は膚の内の厚皮である。
 だいたい、獣の皮を剥ぎ取り、生なのを皮といい、これをきちんと整えたのを革という。柔らかにしたのを革(なめしかわ)という。

 皴〔音は縐(スウ)〕 腠理(はだのきめ)
 皴〔和名は之和〕は皮が細く起ったものである。
 腠理〔和名は之之和岐(ししわき)〕は膚の理(きめ)である。
 一体に、炅(あつ)ければ腠理は開き、津が脱ければまた腠理は開く。それで汗が出る。陽が勝てば身体は熱して腠理は閉じる。俗に爾久(にく)という〕は肌膚の肉である。

和名の「かはへ」と「はたへ」を見ると、音でカワに該当する「かはへ」は膚肉、ハダに該当する「はたへ」は革の外の薄皮、でしょうか。
「膚」は「身体の表皮(漢和大辞典)」とありますから、音でカワに該当する「かはへ」は身体表皮の肉。
また、「皮」は身体を覆うものですから、身体表層の皮と膚肉を合わせて「皮膚」というのでしょうか。

皮膚が「身体表層の皮と膚肉を合わせたもの」、カワは「身体表面を覆うもの」、のような感じになるのでしょうか。

なんだか曖昧としていますが、次は「古事類苑」でも当たってみましょう。

|

« Chromeを別プロファイルで複数起動 | トップページ | 皮膚とカワ(2) »

按摩マッサージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/50015637

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚とカワ:

« Chromeを別プロファイルで複数起動 | トップページ | 皮膚とカワ(2) »