« チベット仏教の大阿闍梨って…… | トップページ | 寝起きの乾いた目に朝の伸び »

2010/03/11

時々しあわせな仮想現実

ぼくは、世界を”ありのまま”には見ていなくて。
ぼくの思考や認識で、勝手に自分色の現実世界を造っているんですよね、たぶん。

ところで、ぼくは自分がしあわせに生きたいと思っているので。
自分がしあわせな感触を、体感イメージで味わってみたりします。
全身の感覚が、身軽に自由にのびのびと拡がって、ほのぼのニコニコあたたかくて優しい感じ……。

どうせなので、ぼくの身の回りの人たちも一緒にしあわせな感覚に包まれていると想像してみると。
想像して感じている、その瞬間は、ぼくの身の回りすべてが優しくてしあわせなのです。
「世界は、なんてしあわせなんだ」そんな感じ。

そして、すぐに。
いつものガサツな日常に帰還しちゃうのですが。

|

« チベット仏教の大阿闍梨って…… | トップページ | 寝起きの乾いた目に朝の伸び »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/47783498

この記事へのトラックバック一覧です: 時々しあわせな仮想現実:

« チベット仏教の大阿闍梨って…… | トップページ | 寝起きの乾いた目に朝の伸び »