« チベット潜入・河口慧海 | トップページ | バーチャル会議、ミーティングの可能性(2) »

2010/01/04

バーチャル会議、ミーティングの可能性(1)

ひとつ前の投稿で「仮想世界で採用説明会が続々と」という記事をアップしましたが。
最近、知人から「セカンドライフで説明会やちょっとしたセミナーは出来ないか」という質問を受けました。

実は、セカンドライフ上での会議やミーティングは面白い動きだとは思っていたものの、どの程度のコミュニケーションが可能な会議やミーティングが出来るのか、具体的に考えたことはありませんでした。

セカンドライフ上での会議やミーティングで可能なこと、また、メリット、デメリットって、どんなものなんでしょ。
思いつくままに、いろいろメモして考えてみましょう。


・セカンドライフでの費用

通常、セカンドライフで遊ぶだけならば無料アカウント登録で費用なしで遊ぶことが出来ます。
また、プライベートアイランド(SIM)を購入したり、レンタルで土地を借りる場合も無料アカウントで可能です。

ですが、メインランドと呼ばれるセカンドライフ内に膨大に存在する公共SIM(という表現でよいのだろうか?)の土地を購入する場合には、有料のプレミアム・アカウント登録をする必要があります。


プレミアム・アカウント:プラン別費用

・月払いプラン:9.95$(93円として約925円)
・3ヶ月払いプラン:22.5$(約2,100円)
・年払いプラン:72$(約6,700円)


上記はプラン毎の費用。
プレミアム・アカウントの場合、毎週300L$(リンデンドル)のお小遣いが支給されるのですが、それを差し引いた各支払いプランの月額費用は以下のようになります。


プレミアム・アカウント:月額費用

・月払いプラン:1,426L$(約500円)
・3ヶ月払いプラン:780L$(約275円)
・年払いプラン:284L$(約100円)


年払いにすると格安になりますね。


通常1SIMの規模は65,536㎡で購入&月額維持費用は以下のようになります。


購入費・月額維持費:

・プライベートアイランド
同時収容人数:100人
購入費:1,000$(93円として93,000円)
月額維持費:295$(約27,000円)

・プライベートアイランド(ホームステッド)
同時収容人数:20人
購入費:375$(93円として約35,000円)
月額維持費:125$(約12,000円)

・メインランド
同時収容人数:100人(?)
購入費:今日の最低価格で124,500L$=約44,000円)
月額維持費:195$(約18,000円)


ところで、バーチャル会議用に1SIM所有するというのは、金銭的にも現実的ではないですね。

多少規模が小さいですが、1/16SIMの4,096㎡くらいあれば充分かも知れません。
これで月額維持費が25$(約2,300円)。
(購入費は約3,000円弱)

おそらく、4,096㎡くらいの土地にビルを建てて、20~30人程度の会議やミーティングは充分可能だと思います。


ちなみに、ぼくがセカンドライフ内に持っている「DHARMAYA 達磨屋」の敷地は2,048㎡で月額維持費が15$(約1,400円)。
下図のオレンジ線で囲んだのが「DHARMAYA 達磨屋」2,048㎡の敷地です。
この2倍(または3~4倍)の土地があれば会議&ミーティング用地としては充分ではないでしょうか。


1001041

ところで、2年ほどセカンドライフを続けていますが、現在までプレミアム・アカウント費用に土地維持費を含めて、一度も現金を使ったことがないです。
すべて「DHARMAYA 達磨屋」商品の売り上げやセカンドライフ内株取引で賄ってきており。
というか、昨年当初まではたまに小遣い程度に現金化出来ていましたが、今は維持費で精一杯です。(^^;
現実世界同様、セカンドライフもまた不景気なのでした。


費用等を調べていたら、けっこう時間を使ってしまいました。
次回はどんなことが可能なのか、システム面について調べてメモしておくつもりです。

|

« チベット潜入・河口慧海 | トップページ | バーチャル会議、ミーティングの可能性(2) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/47203006

この記事へのトラックバック一覧です: バーチャル会議、ミーティングの可能性(1):

« チベット潜入・河口慧海 | トップページ | バーチャル会議、ミーティングの可能性(2) »