« 色鮮やかな秋のスロージョギング | トップページ | チベット潜入・河口慧海 »

2009/12/04

仮想世界で採用説明会が続々と

12月2日朝日新聞夕刊に、「バーチャル採用説明会 会場:ネット空間 出席者:分身 ~不況で注目 実施続々~」という記事が掲載されていました。

・asahi.com(朝日新聞社):ネットに分身、チャットで会話 バーチャル採用説明会
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY200912020259.html

0912041


学生向けの採用説明会を、インターネット上のバーチャル(仮想)空間でも実施する企業が増えている。動画配信などに比べ、ネット上の「出席者」を確認しながらチャット(会話)もでき、臨場感を味わいやすい。
新型インフルエンザや経費削減に伴う対応策としても注目されている。

一例として、神戸製鋼所の例が紹介されています。

神戸製鋼所(神戸市)は来年1月までに、2011年春卒業の学生向けのバーチャル説明会を予定している。
実際の説明会も開くが、遠隔地にいて参加しにくい学生にも広く発信。
人事グループの西島太郎課長は「ゲーム世代に歩み寄ることで、リアルなものづくりの実態を知ってもらうきっかけにしたい」という。
バーチャル説明会を手がけるコンサルタント会社「ポジカル」(大阪市)には問い合わせが急増中だ。
11年春卒業の就職活動が始まった今年10月以降だけで36社からあり、新型インフル対応が大半。
「2月の大規模説明会を延期しなければならない事態もありうる」と心配する大手通信会社は、リスク回避策として実施を検討中だ。

新聞記事では「インターネット上のバーチャル(仮想)空間」としか書いておらず、具体的な仮想空間システムには言及していません。
ポジカルの名前はセカンドライフ関連でよく聞いた名前ですから、おそらくセカンドライフが主要仮想世界だと思うのですが・・・

・採用コンサルティング株式会社ポジカル
http://www.posical.com/

「ポジカル」公式サイトの「バーチャルワールド内 採用支援」ページには次のようにあります。

Simulation(疑似体験)&Experience(実体験)をコンセプトに体験やコミュニケーションを通じ企業と学生のミスマッチをなくす。
様々なバーチャルワールド(3Dインターネット)内での人材採用支援のリーディングカンパニーであるポジカル。

上記のように、ポジカルではセカンドライフに限らず複数の仮想世界での人材採用支援をおこなっているようですが、同ページ下部の「サービス概要」には以下のように書かれており、やはり主要仮想世界プラットフォームはセカンドライフのようです。

米国リンデンラボ社提供の仮想空間「セカンドライフ」内にバーチャル会社訪問が出来る島(ポジカル島)を構築。
その島には実社会と同様バーチャル上で企業が存在します。

学生がその企業のビルに入館すると実社会とほぼ同等の

 (1)オフィスの雰囲気
 (2)企業求心力(風土&仕事)体験ゲーム
 (3)働く人との会話(チャット)

を体感できます。

会社説明会にセカンドライフを使用するというのは、けっこうよいアイデアではないかと思います。
現在の学生さんたちのパソコン使用感では、セカンドライフ・ビューワーの操作はそれほど難しくないでしょうし。
企業側の説明やプレゼンもライブでリアルタイムに出来るし、ヴォイス・チャットを用いれば学生さんとの質疑応答もリアルタイムで行えます。

新聞記事に「新型インフルエンザや経費削減に伴う対応策としても注目されている」と書いていますが、時期的にもこれから需要が増えていきそうですね。

気になるのは、学生さんたちのアバター(分身)のカスタマイズ(体型や顔の造作、着衣を自由に変形、編集出来る)がどんな風になるのか、という点。
人によっては初期設定のままのデフォルト・アバターだったりするのでしょうか。
自分の姿かたちに出来るだけ似せてカスタマイズしたりとか。
または、自分の姿かたちからかけ離れたチョー美形にガンガンに仕上げている人はいないかな、とか。

ん~。
面白そうですね。

まさか動物アバターにする人はいないですよね。^^;
無難なリクルート・アバター的な見本があったりするのかしら。


ともあれ、2年半ほど前からセカンドライフを愛用している身としては、こういったニュースは非常にうれしいです。
少しでもユーザーが増えて賑わってくれればよいのですが。

|

« 色鮮やかな秋のスロージョギング | トップページ | チベット潜入・河口慧海 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

とても興味深く拝見させていただきました。
バーチャル企業説明会って面白い発想ですね。
これからのニーズにとても合っていると思います。

私個人も、セカンドライフに興味も有りましたので、
とても参考になりました。

これからも頑張ってください。
応援しております。

投稿: カイロプラクティック | 2009/12/17 09:48

こんにちは、カイロプラクティックさん。
コメントありがとうございます。

セカンドライフでは同じ業種の知り合いがいませんので、もしセカンドライフをやることがあれば、「puru Pera」という名前で登録していますので、中で是非声を掛けてください。(^^)/

投稿: puru | 2009/12/17 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/46933187

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想世界で採用説明会が続々と:

« 色鮮やかな秋のスロージョギング | トップページ | チベット潜入・河口慧海 »