« 背中の自己指圧 | トップページ | 操体法の応用 »

2009/10/17

操体法実技入門、修正&追加

操体法実技入門の画像修正と項目をひとつ追加しました。

・操体法実技入門:2.操体法の手順
http://homepage3.nifty.com/anma/sotai/sotaitext2.htm

画像修正は、うちのセカンドライフ・モデルのバクさんでとある絵を作り直し。
単なる趣味かも。(^^ゞ



あとは、初心者の人の為に「動きの誘導」時の注意事項というか心構えを追加。
一見何気ないことのように思えるかも知れませんが、ぼくにはとても大切なことだったりします。
今でも、頭先行で結果として動きを強制しちゃうことがありますから。

追加分は以下。


初心者の人へ

慣れないうちは、焦ってしまって言葉で動きを強制するような語り掛けになりがちです。

こんな時は、実際の体も頭から相手の人へ向かっていたりします。

もし自分が焦っていることに気づいたら、まずはため息をつくように、吐く息とともにお腹にストンと落ちるようにリラックスしましょう。

「ふぅ~」というような感じで。

そこから、ゆっくりと焦らず、丁寧に言葉で動きを説明しましょう。

ぼくは今でもこれを心掛けています。

まずは自分がくつろいで、そのスペースから誘導。(^^)


ちなみに、上の図はイメージ図だと思ってください。
耳の遠い患者さんに説明する時は、上のはじめの図のように身を乗り出して話す時もありますから。(^^;

|

« 背中の自己指圧 | トップページ | 操体法の応用 »

操体法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/46509284

この記事へのトラックバック一覧です: 操体法実技入門、修正&追加:

« 背中の自己指圧 | トップページ | 操体法の応用 »