« 久しぶりのスロージョギング | トップページ | 自分と外界を隔てる凝り »

2009/10/11

音楽に閉じる体と開く体

半年ぶりくらいに来た患者さん。
音楽が好きな人で、彼から時々お気に入りのCDを貰っちゃったりします。
今日はEMIから出ているFeelシリーズを持ってきてくれました。

ザ・モスト・リラクシング~フィール2

治療室ではたいていクラシックか瞑想系の音楽なのですが、このヒーリングやニューエイジ系のオムニバスなFeelシリーズも大好きです。
インストルメンタルだけではなくて、時々ヴォーカル入りの曲もあったりし、うまく曲順を編集しているなぁと感心します。


さっそく持ってきてくれた「the most relaxing feel2」を流しながら、按摩の開始。
指揉みをしている時に「なんだか音楽が雑音にしか聞こえないんですよね」とおっしゃいます。

「あ。ボリューム大きい?」
「いえいえ、そうじゃなくて。なんだか音楽が体に入って来ないんですよ」

なるほど、そういうことでしたか。
よかった。(^o^)

「体がこれだけ張り詰めていると、体に音が入る余裕がないんですよねぇ。弾いちゃうというか。」

雑音(^^;を聞いてもらいながら、ひとまず指揉みを終えて肩、首を按摩していくと……。

「あぁ~。音楽が入ってきましたよ。いい曲ですね、この曲」

って、あなたが持ってきてくれたお気に入りの音楽なのですから。
もちろんよい曲ですとも。(^^)


体が張り詰めていると、気持ちの余裕がなくなって、リラクゼーション音楽ですら(だからこそ、とも言えるけど)聞く気にならなかったりします。
心の余裕がなくなるので、思考パターンも狭くなって頑なになりがち。

按摩が終わるとキャハハと笑い出し、「人生って楽しいんですよねぇ」と言いながらケラケラ笑いながら治療室を後にする、そんな患者さんも何人かいます。

よい患者さんに恵まれてしあわせな按摩さんです。(^^)

|

« 久しぶりのスロージョギング | トップページ | 自分と外界を隔てる凝り »

按摩マッサージ」カテゴリの記事

コメント

puruさん

おはようございます!

>「体がこれだけ張り詰めていると、体に音が入る余裕がないんですよねぇ。弾いちゃうというか。」

「弾いちゃうというか。」・・・・確かに、緊張が強いと音楽だけでなく、人との会話=声も弾いてしまうようです。

それから、からだの表面に膜のような掛かっている場合=私は、「脂」と表現しているのですが・・・・・この場合、手技の刺激は入っているようですが、浸透しないように思います。もっとも、私の手技が下手なのでそう感じているのだけかもしれませんが。

投稿: だるま | 2009/10/12 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/46456617

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽に閉じる体と開く体:

« 久しぶりのスロージョギング | トップページ | 自分と外界を隔てる凝り »