« 操体掲示板、閉鎖 | トップページ | 意識、思考、リアルな体性感覚 »

2009/06/09

津軽弁映画

全編津軽弁、字幕無しの松山ケンイチさん主演映画「ウルトラミラクルラブストーリー」が6月6日から公開しているとか。
昨日の朝日夕刊ではじめて知りました。

・オール青森ロケ 飛び交う津軽弁 ~字幕はありません~
という見出し。(^^;


0906091


ちなみに松山ケンイチさん、青森県むつ市出身なのだとか。
「下北弁で育った」とありましたが、下北弁ってどんな訛かたなんだっけ?
八戸方面の南部弁ならわかるけど、下北弁の記憶ってないです。

また、夕刊記事には下北弁なので、「同じ県内でも”全然違う”津軽弁に苦労した」とありますが。
予告編を見たかぎりでは、松山ケンイチさん、津軽弁下手。
ていうか、ほとんど標準語圏の人が津軽弁っぽいしゃべりをしている感じだったですよ。
これだったら字幕はいらないかも。

・YouTube:【予告編】ウルトラミラクルラブストーリー
http://www.youtube.com/watch?v=BOanECZM3ho


ところで。
前回、6月5日放送の「タモリ倶楽部」は「今夜語ろう!!原田芳雄カシオペア乗車全記録」というタイトルでした。
原田芳雄さんが札幌~上野間・寝台特急カシオペアに乗車した時の体験を、その乗車券入手時の話からご満悦に語るという、なんとも一般受けしそうにないテーマ。(^^;


0906092

まあ、「タモリ倶楽部」自体が一般受けしそうにない番組であり、鉄道マニアな回も時々ある訳で。
鉄道マニアなんかではぜんぜんないぼくだったりしますが、鉄道マニアなタモリさんや原田芳雄さんたちがご機嫌にテツを語っている姿は、すごく素敵だなと思って見ていたりする訳で。

で、念願の寝台特急カシオペアに乗車出来た原田芳雄さん、実はカシオペアの乗車券はいかな映画スター原田芳雄さんであっても入手が困難なシロモノらしく。
とある、青森ロケ含みの映画出演オファーが来た際に、カシオペアの乗車券がゲット出来れば出演するという、条件付き承諾を提示したとか。
まあ、そんなこんなでなんとか乗車券が入手出来たそうなのですが。

そのオファーがあった映画が「ウルトラミラクルラブストーリー」だったのでした。
なるほど。

|

« 操体掲示板、閉鎖 | トップページ | 意識、思考、リアルな体性感覚 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/45284665

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽弁映画:

« 操体掲示板、閉鎖 | トップページ | 意識、思考、リアルな体性感覚 »