« 「脳の中の身体地図」 | トップページ | スロージョギング・その2 »

2009/06/21

スロージョギング

NHK「ためしてガッテン」で、先日「脳いきいきダイエット 超らくジョギング革命!」というのをやっていました。

ゆっくりとしたジョギングを続けることで、血糖値低下、中性脂肪低下、コレストロール低下、ダイエット、血糖値低下、血圧低下等の効果があるとか。
また、脳内の前帯状皮質(判断力、決断力)と46野(ワーキングメモリ、物忘れに関する)の体積増加、発達まで促されちゃうとかです。


普通のジョギング等では瞬発的運動を司る赤い筋肉・速筋を使用している訳ですが、時速5.0km以上のスピードで走ると疲労物質の乳酸値が急激に増加するというデータが出ていました。
それ以前のスピードでは、ゆっくりとした動きを司る白い筋肉・遅筋が使用され、乳酸値は安静時と同じ2.0以下にとどまり、疲労しないのだとか。
というか、スロージョギングを継続することで、遅筋が発達し、更に筋肉内の毛細血管が増加するのが確認されているそうです。
これにより血糖や中性脂肪が効果的に消費されるようになるのだとか。

面白そうです、スロージョギング。
兎にも角にも、脱力しながら出来そうなのが魅力的。


実は、今までウォーキングやジョギングにはあまり興味がなく。
シャカシャカと素早くウォーキングしていると、深層筋とともに表層筋を多く使用する感じがし、周りの空気や風景を味わう余裕がなさそうで……。
ジョギングに至っては、そもそもぼくのアイデアの中にはない運動だったりし。(^^ゞ
風景を楽しみながら、ブラブラ散歩するのが一番よい方法だと思っていました。

でも、このスロージョギングには惹かれました。
という訳で、今日でスロージョギング三日目。
特に「お散歩」という形をとらなくてもよいですし、「買い物にスロージョギングしながらお出掛け」みたく、外出したら手軽に試せます。

初日。
軽くスロージョギングで走りはじめ。
ジョギングというよりも「だらだら小走り」みたいな感じ。
歩幅は徒歩の1/2くらい。
スピードは徒歩と同じか、それよりちょっと遅いくらい。

少し走ると、膝から下の下肢が重ダルくなります。
なので、そうなったら徒歩に戻し。
楽になったら、またダラダラ小走り。
それを3回くらい繰り返し、気がついたら4回目はず~っとダラダラ小走りを続けていました。
かなり長くても走り続けられる感じでしたが、その時はスーパーまで回り道をしての買い物だったので、スーパー到着とともに終了。

その日、気のせいか気分が拡がっている感じがしてました。
というか、次の日にまたダラダラ小走りをするのがすごく楽しみ。

で、次の日。
太股の前側が筋肉痛。(^^;
三日目の今日も太股筋肉痛は残っていますが、ダラダラ小走りをするのが楽しみになっています。
散歩よりも上下の振動が大きいですから、感じ取れる身体各部の感覚も散歩とはまた違った感覚が味わえ。
当分続けてみたいと思ってます。

いつまであるかはわかりませんが、ネット上でこの番組の動画が見れるサイトがあります。

・Pandra.TV「ためしてガッテン:脳いきいきダイエット 超らくジョギング革命!」
http://tvdouga.seesaa.net/article/121298033.html

上記ページで下にスクロールしていくとあります。

※スロージョギングに関する記事は以下のブログにまとめてあります。
のたりスロージョギング

|

« 「脳の中の身体地図」 | トップページ | スロージョギング・その2 »

スロージョギング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/45409742

この記事へのトラックバック一覧です: スロージョギング:

« 「脳の中の身体地図」 | トップページ | スロージョギング・その2 »