« 風通しのよい体 | トップページ | 最近の治療中BGM »

2009/03/14

風通しのよい体とは

風通しのよい体になるにはどうしたらよいでしょう。

「風通しのよい体」にも書きましたが、呼吸は全身が協調的に連動する全身運動です。



全身が協調的に連動し、呼吸の繰り返しが微妙なうねりとなって収縮・膨張し続けている体。
感覚的には、呼吸が全身に行き渡っている感じ。
体がそんな状態だと、ものすご~く風通しがよいです。
もちろん体も軽いし、感覚も思考も体の外に対して開放的に拡がっています。

全身に呼吸が行き渡るためには、全身の感覚が目覚めている必要があります。
これは別に「100%目覚めていること」が必要とされている訳ではなくて、常に「今まで以上に」ということ。
全身の感覚を目覚めさせようとするベクトル、感覚のネットワークをより濃厚に密にしようとするだけでよいと思っています。
40%の感覚しか目覚めていない体が50%まで感覚が目覚めるようになったら、かなり快適に風通しよく感じるはずです。

「風通しのよい体」で、マッサージに関して次のように書きました。

>マッサージをした後、体が軽く感じられたり視界のモヤが晴れたようにスッキリしたりしますが、
>要するに風通しが悪かった体が風通しがよくなったからそうなる訳で、感覚的にはとってもわかり
>やすい現象ですよね。

按摩やマッサージでコリがほぐれたり体が軽くなるのは、按摩やマッサージされた部分から感覚が目覚めてくるからです。
凝っていたり澱んでいたり滞っている所は、感覚が眠っていたり仮死状態になっている所。
その感覚が第三者に触れられることで目覚める、それが按摩やマッサージの本質だと、ぼくは思っています。
施術者自身が、そこがどのような状態になっているか感じられるように触れる。



そうすると、受け手は意識的に、または意識と無意識の狭間で「そこがどのような状態になっているか」を感じます。
「感じる」のですから、既に感覚は目覚めはじめてますよね。(当たり前ですね)

なので、必ずしも第三者に触れてもらう必要はなくて、自分ひとりで凝っていたり澱んでいたり滞っている所を見つけ、その部分の感覚を目覚めさせるだけでもよいです。
というか、「凝っていたり澱んでいたり滞っている所を見つけ」た段階で、既に感覚は目覚めはじめているのですが……。


ところで、按摩やマッサージを受けた後、それまでより格段に目覚めた全身の感覚を、積極的に味わい愉しむことが出来れば、効果(感覚の目覚め)はより浸透し発展していきます。
患者さんたちには、もっともっと「感覚」にフォーカスを当て、価値を見出してほしいです。

|

« 風通しのよい体 | トップページ | 最近の治療中BGM »

按摩マッサージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/44342585

この記事へのトラックバック一覧です: 風通しのよい体とは:

« 風通しのよい体 | トップページ | 最近の治療中BGM »