« 空手の秘伝書探し遭難 | トップページ | 「病」「病気」という言葉 »

2006/04/14

武術書に「病をさること」を見る

ここ数日、同じ文章を繰り返し読んでいます。
古語辞典や漢和辞典、広辞苑等を引きつつ、繰り返し、繰り返し。
同じ日本語なので、ニュアンスは体感として何となく伝わるのですが。
それを表現しようとすると、やはりある程度思考で定義づけしていかなくてはならず。
そうする過程で、もわんとしていたものが徐々にだけれど明瞭になったりもし。
ん~。
楽しいですね。(^^)

読んでいるのは、ほんの四つくらいの段落。
柳生宗矩さんの「兵法家伝書」の三段と、甲野善紀さんが紹介している「願立剣術物語」の一段。
いずれも「病」「病気」に関する文章。
生死に望む術を解説する剣術の秘伝書が、いかに「病」を捉えているか。
そこには、既に技法やメソッドを超えた、日常座臥における「病を去った在り方」が示されている、と思います。
日本的秘伝は、技術論や論理をものともせずに、あっさりと日常化、現実化させてしまうところが特徴なのかも、と、門外漢は勝手に思い込んでみたりします。
なので、逆に。
その辺にぽろぽろとスンゴイ事が転がっていそうな予感。

あぁ。
「あっさりと日常化、現実化」と書いてみたら。
鍋島藩の「葉隠」を思い出してしまったですが。
ま、いいか。

ともあれ。
江戸時代の「思ふ」「念」という単語を、も少し整理して理解したい。
古語辞典や漢和辞典、広辞苑にはあたったので。
今度は江戸時代の国語辞典「俚言集覧」を調べてみよかと思っているところ。
「思い」「念」「考え」「病」などという言葉をどのように説明いるんだろか。
ていうか、それらの項目があればいいんだけど。

武術書に見る「病を去ること」1~4

|

« 空手の秘伝書探し遭難 | トップページ | 「病」「病気」という言葉 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/9593744

この記事へのトラックバック一覧です: 武術書に「病をさること」を見る:

« 空手の秘伝書探し遭難 | トップページ | 「病」「病気」という言葉 »