« 出不精、街へ出る 2の2 | トップページ | チベット体操再開 »

2005/02/03

職人さん

  「職人学」小関智弘/著 講談社

読んでます。

これ読んでると。
職人っていうか、人間って素敵だなと思います。

今は引用とかメンドイので、メモだけ。

昔、むかし。
なんか過去生に思えるような、若い頃。

二級整備士だったので、3年間自動車ディーラーで整備士をし。

その後、鍼灸学校浪人だった頃は。

占い師をほぼ一年。
牛の爪切り(削蹄師助手)もほぼ一年。
下水道工事屋さん数ヶ月。
ガス器具組立工場で半年間出稼ぎ労働者。

思い起こせば。
短大卒業以後は、いろんな職人さんに囲まれていたのですね。

ほぉ~。
けっこう、不思議。

いろんな意味で。
自分の手で、自分の感覚で、自分の技能で生きている人たちとは。
実感と共に触れ合えたように思います。

ていうか、職人さんたちって面白いんだよね。
キャラ立ってるし。

|

« 出不精、街へ出る 2の2 | トップページ | チベット体操再開 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/2796162

この記事へのトラックバック一覧です: 職人さん:

« 出不精、街へ出る 2の2 | トップページ | チベット体操再開 »