« はじめてページ改竄された | トップページ | キャラネティクス&チベット体操日記 »

2004/12/11

不快な感覚・感情・気分

Aaminさんの日記。
『Innerview-インナービュー 内側から見た世界 ~これって病気?』
http://plaza.rakuten.co.jp/insight/diary/2004-12-10/

>誤解を恐れずに書くと、鬱病と診断されたもののどこまでが本当に病気で、
>どこからが人間的な悩みといえるのだろうか?
>その線引きはとても曖昧なのではないだろうか。
>病院に相談に行けば、何かしら病名はつけてくれるだろう。
>薬も出してくれるだろう。
>けれどときに塞ぎ込んだり、落ち込むのは人間的なことだと思うのだ。

うん。
病気というレッテルのあるなしに関わらず、不快で受け入れがたい感覚や感情、気分が。
生じて来るのは、ごく当たり前でとっても人間的なこと。

誤解を恐れながら書くと。
「病気」は、あくまで西洋医学的観点からのレッテルに過ぎないという事。
今の日本での公用語。
そして、「病気」ということに自らを規定したくなった時。
それが病気のはじまりなんだと思います。

現在生じている感覚(症状)を持て余し、排除したくなった時=病気

>問題は内側のフィーリングに対する感受性が欠けていることにある。

感受性の欠如というよりは。
不快で受け入れがたい感覚や感情、気分に対して。
興味や価値観が持てない、ということなのではないかと思います。

不快で受け入れがたい感覚や感情、気分は、すべからく。
自分にとっては異物であり(=自分ではない)、排除したい。
そして、ごく普通に社会に適応して生活したい。
今現在、普通ではなく社会に適応出来ないのは、病気のせい……。
そんな側面もあるかも知れません。


いずれにしろ、ぼくとしては。
現在生じている、または将来生じて来る、不快で受け入れがたい感覚や感情、気分を。
自分の出来る範囲で、味わってゆきたいと思うのです。

もちろん、それらが許容範囲を超える時には、西洋医学をうまく利用しつつ。

|

« はじめてページ改竄された | トップページ | キャラネティクス&チベット体操日記 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/2231236

この記事へのトラックバック一覧です: 不快な感覚・感情・気分:

« はじめてページ改竄された | トップページ | キャラネティクス&チベット体操日記 »