« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004/07/31

マサラを入れてみよう

という訳で。
焼酎の麦茶割りに。
マサラ・ティー用のマサラを入れてみた。

*注:マサラ・ティー=ブレンドした香辛料を入れた紅茶。インドでお馴染み。

うほ!
旨いっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/29

無免許マッサージについて

免許を取得せずにあん摩・マッサージ・指圧、鍼灸、柔道整復を職業とすることは、違法行為です。
でも、町でよく見かける整体、カイロ、リフレクソロジー、アロマ、エステ、その他ボディーワーク等についてはどうなのか。
友人、知人で、あん摩・マッサージ・指圧以外のそれらを職業としている人も多く。
前から気になり、いろいろ調べていたのですが。
やっと厚生労働省の明文化された文章を見つけることが出来ました。

「整体治療」や「カイロプラクティック」については、その医学的効果について科学的評価が未だ定まっていないことなどから国家資格とはなっておらず、いわゆる民間療法として、人の健康に害を及ぼすおそれのない限度で施術を行うことが認められているものです。

国政モニター お答えします・介護と整体治療

これで代替療法が、『人の健康に害を及ぼすおそれのない限度で施術を行うことが認められている』ものだと確認出来ました。
スッキリ。(^^)


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/07/20

「マッハ!」が凄いらしい

タイ映画、というかムエタイ映画「マッハ!」が凄いらしいですね。

日本の公式サイトでは「特報」と「予告編」動画が見れます。

マッハ!!!!!!!!

しかし、ビックリマーク多過ぎ。(^^;
ちなみに、「特報」「予告編」ともにイマイチです。
ま、無いよりはいいけどさ。

どうせ観るなら、韓国サイトがいいです。

http://www.maxmovie.com/av/av_new.asp?v_id=V000043612&name=??-?????%20??&kind_num=1&kind=m&kind2=M#

予告編もカッコイイし、舞台での実演も収録してあって、めちゃいいっす。


ついでにフランスのサイトもお勧め。

::::: ONG BAK :::::

左下「Trailer」から入れば、予告編3種類が見れるよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

永遠の片想い

チャ・テヒョンさん主演「永遠の片想い」を観ました。

ほんの少しシリアスな演技もありながらのチャ・テヒョンさんは。
やっぱりチャ・テヒョンさんでした。
コミカルな演技が素敵。(^^)

共演は「ラブストーリー」にも出てたソン・イェジンさん。
「ラブストーリー」よりも表情が豊かで、こっちの方が好き。
(「初恋死守決起大会」の方がもっと好きですが。)

もうひとりの共演女優、イ・ウンジュさん。
はじめて観る女優さんでしたけど、骨がありそうでなおかつキュート、かなり気に入りました。

それに、それにですね。
チャ・テヒョンさんの妹役で出ていたのが。
ドラマ「秋の童話」の少女時代をやっていた子役さん。(名前知らない。(^^ゞ)
ちなみに「秋の童話」は、超お気に入りにだったですよ。
第3話くらいまでは。
ストーリーは古典的な悲劇の母娘ものだし。
兄妹の子役さんがものすごくかわいくて、演技も上手くて。
もう涙、涙の物語。
それが大人になるとね。
全然入り込めなくて……。
とっとと観るの挫折しました。(^^;

いやぁ、ちょこちょこ出て来るこの子役さん。
表情も豊かだし、かわいいし。
でも、結局彼女の恋愛物語は、この映画でどんな位置を持っていたのか不明。
ていうか、ま、いいです。
かわいいから。

ストーリーは、唐突に過去や現在に変わったりして、とまどったりし。
後半「え?」という謎解きみたいのもあったりもし。
も一度観たくなってしまいます。
あ、なんか「イルマーレ」を観た後の感触に似てるか。

とにかく映像綺麗。
主演、共演の3人と、ひとりの子役さんを観るだけで。
なんだか満足しちゃうのです。(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2004/07/14

ミズ(山菜)

昨日、故郷からミズが届いた。
って、こっち(関東)で「ミズ」って言っても、??だったりするんですよね。
青森や秋田ではポピュラーな山菜・ミズ。
これ、大好物なのですよね。

昨晩は、ひとつはチクワと油揚げと一緒に炒め、そばつゆで味付け。
美味しいっ!!!!

でも、ホントは。
チクワと油揚げじゃなくって、薩摩揚げ。
そばつゆじゃなくって、醤油と味醂、七味をパラパラ、にすれば良かった。
ま、取り敢えず「あるもの」でサクッと作りたかったので、納得。

もうひとグループのミズは、お湯でザッと茹で。
素早く氷水で冷やし、昆布をパラパラと入れた塩水に浸す。
これは彼女が担当。
冷蔵庫で冷やして食べると、これも絶品!!!


という訳で、これを読んでも「ミズって何だよ、ワケワカメ」という方は。
やまけんの出張食い倒れ日記: 東北を代表する山菜・「みず」を秋田県食い倒れ水先案内人からいただく
↑ここを参照してみましょう。(って、長いページ・タイトルだ。(^^;;)
豊富な画像と調理法まで載ってるよ。
このページでは、「ミズのたたき」にニンニク味噌、ってのが紹介してあるけど。
これ、食べたことない……。
今度やってみよう。

他に「ミズとニシン、菊の酢味噌あえ」を紹介しているページ。
Living in Clover : 食卓にミズ
ぐあ~、これも美味しそうっすね。


と、昨日届いた荷物の中には、どデカイしじみも入っており。
小ぶりなアサリ程度の大きさのしじみ。
普通なら、大きいしじみって、味ももっさりとボカボカしているけど。
恐るべし青森産しじみ。
ダシが濃い!!
あんなにどデカイしじみ入りの味噌汁を飲んだのって。
しかも味もしっかりとした、どデカイしじみの身を食べたのって。
生まれて初めてでしたわ。

あぁ、昨晩はしあわせだった。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/10

西荻窪と東村山

ところで。
9年前、ここ東村山に居を構える以前。
7年間ほど住んでいた西荻窪では。
エアコンの必要性なんて微塵も感じなかったのですよね。

む~。
それ程気温に違いがあるのでしょうねえ。
ていうか、そもそも立地条件、ロケーションが全然違うか。

西荻では、舗装された道路からは少し離れ。
四方に土が露出している場所に建つ、築30年近くの木造モルタル、ボロアパート。
玄関のドラを開け放ち、対面に位置する庭に面したガラス戸を開けると。
土を凪いだ、涼しい風が通り過ぎてゆく。

nishiogi.jpg (西荻窪時代の治療室兼住居。六畳+四畳半。)

ここ、東村山・伏見治療室は。
アスファルトに覆われた街道が西に位置する道路沿い。
西日がふんだんに注ぐ場所。
建物の西側は暑気をふんだんに貯め込んで、アスファルトの熱気も輻射され。
なおかつ屋根は瓦屋根。
太陽の熱気を無駄に保存する。

今年は、窓の遮光や風の導入経路を工夫して。
昨年までよりは、かなり遮熱や通風が良好。
二階の居住スペースは、エアコン無しでもけっこう快適になったけれど。
(とはいえ、首に掛けるタオルは必須)
治療中の通風がイマイチな治療室は。
やっぱり要エアコンなのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコン、その後

06/26
>「様子見」なので、ちゃんとした修理は次回ということになるかも知れず。
>ガス補填代は、今回はサービスセンター持ち。(^o^) ラッキー

クーラーが必要と思われる日もなかった、そんな数日後。
暑い日にクーラーを入れるも、冷風出ず。

再びサービスセンターに電話を入れ、同じお兄さんが修理に来てくれた。
やはりガス(冷媒)漏れ箇所が発見出来ず、念の為にどっかのバルブを交換&冷媒補填。
その場では、目出度く快適に冷風が出る。
「これでまた様子見を……」というのが、二日前。
そう、東京が「この夏一番の暑さ」とかいうあたりっす。

相変わらずめちゃ暑い日を迎えた昨日。
朝いちでエアコン入れるも再び冷風出ず。
扇風機だけでは、ベットに横たわる患者さんも汗たらり。(^^; まずい

サービスセンターに電話をいれたら、午後には同じお兄さんが到着。
「三度もすいません」と、修理が完了してないことに恐縮しきり。
というか、こんな暑い日に三度も来て貰って、こちらも恐縮しきり。
炎天下の中、外の室外機を分解修理っていうのも、いかに仕事とはいへ大変そう。
冷たい麦茶を出すくらいしか出来ないのだ。

「3度目の正直」でパイプの漏れを発見、溶接修理、出来たらしい。
「今度はダイジョーブだと思います」と、お兄さん。
「パイプ等は5年間保証になっていまして、こちらのエアコンは5年は過ぎていると思われますが、修理に三回もかかったことですし、保証期間内ということで処理しておきますので」と、無料で処理してくれるとの事。。
実は、二度目の修理も無料だったりもし。

感謝、感謝な昨日でした。

今日、エアコンは快調に動いてるよ。(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語

そんなこんなで、Swikiのページデザインを大幅に変更していた訳ですが。

自分のページだけではなくて、「Taoism Swiki(道教)」のデザインも変更。
→「Taoism Swiki
今まで目次の部分だけ翻訳(というか、中国語にひらがなをちょっと加えただけという噂が……)していた道教の中国語論文「清代・劉一明の道学思想」を、「また翻訳にトライしてみよかな」と、.docファイルを開いてみたのですが。
ぎゃっ、文字化けっす。
いろいろ設定をいじってもダメ。
前はちゃんと中国語が出てたのに。とほほ

文字コードとかフォントとか良く分かってないのですよねぇ。(^^ゞ
ワードパッドだと設定変更出来る部分が限られるし……。
Word文書を開けるフリーソフトを探してみるか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Swikiについて

ザッとネットを眺めただけで、ちゃんと調べた訳ではないけれど。
Wikiクローンの中では、最近はPukiwikiが一番人気で、次がYukiwikiっていう感じなのかしら。
Pukiwikiは見た目がまんまblogって感じなので、人気なのも分かる感じ。

って、実はぼく、blogって苦手だったのです。
ウィンドゥの両脇または片方に、さまざまな&やたらとリンクがあって、なんか煩雑な感じ。
閲覧を快適にする為の豊富な機能(リンク)が充実している分、慣れないと逆にワケワカメだったり、途方に暮れたりもし。
(とわいへ、「ココログ」をはじめたのは、そのデザインが超気に入ってしまったから。)

シンプルさ、という意味ではYukiwikiがお気に入りで、実際にYukiwiki1を導入してみたりもしたけれど。
テキスト主体な分、使いやすいのはピカイチ。
ただ、レイアウトやページ・デザインのカスタマイズ性の幅が狭くて、結局断念。


で、Swikiです。
Pukiwikiに比べて「野暮ったい」という気もしてはいたのですが。
かなり柔軟にhtmlが使えるので、けっこうお絵描きテイストでページ・デザインが可能。その点が一番気に入って使い続けていました。

さっき、「blogはリンク関係が煩雑」みたいな事を書いたけど。
そんな要素もありながら、「ココログ」のページデザインはお気に入り。
ウィンドゥ脇のスペースは、煩雑なリンクではなしに、シンプルな「サイトマップ」っぽいリンク・スペースに出来ないか。
という訳で、最初は「ゆらめきのひび」というWeb日記作成支援ソフトを参考にしつつ、スタイルシートをあれこれいじってページのカスタマイズ。
Swiki独自の機能を活かしながら、なんとか望みのデザインが完成。(^^)
→「町の按摩さん Swiki

あとはねぇ、Wiki系の一番の特徴「皆んなで作る(collaborative) website」っていうのをどう活かしていくか、活かしたいな、って感じ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07

最近のメガネ

そういえば、最近のメガネって。
十数年前に作った時のものより、レンズの面積が小さくて小ぶりなデザイン。
お店にあったフレームをいろいろ見てみたけれど、全体的にそうみたい。
フレームデザインにも、流行というか変遷があるのですね。

で、フレームの材質がチタンだかなんだかで、すんごく軽い。
レンズはド近眼なので、標準レンズだと牛乳瓶の底クラスになってしまう。
で、以前からデフォルトより1~2ランク上の薄いレンズを選んでいたので、今回も同様にしたのだけれど。
それなのに、以前のものより格段にレンズが薄い。
なので、メガネ全体の軽さは以前とは全然違うのです。

メガネを鼻のところで支える部分が、前はかなり凹んで赤くなってしまっていたのですが。
その部分への負担も極端に減ってます。(^^)

技術が進み、どんどん快適になっているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視界が明るい

十数年振りにメガネを新調した。

今まで使用していたメガネとソックリそのまま同じ度数のレンズで注文。
なのに、新しいメガネをかけるとチョー視界が明るい & ものがクッキリ見える。
まるでレンズの度数を上げたみたい。

まぁ、十数年使用し続けたメガネのレンズには。
よ~く目を近づけてみなくちゃ分からない、細か~いキズが無数にあったのは気にはなっていたけれど。
これだけ見え方が違うとは思ってもいなかった。

そいえば、お正月から通っていた歯医者も、明日で大きい工事は終わり。
最終的に、神経を抜いた歯が2本。
虫歯を削ってプラスティック(?)を埋めた歯が3~4本。
明日詰め物をする歯。
みたいな感じ。

今年は、目と歯がリニューアルした年。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/01

チャ・テヒョンは??

今月『the man 韓国トップスター写真集』なる写真集が発売されると話題ですが。
ヨン様ことペ・ヨンジュンさんをはじめ、ぼくも大好きだった「JAS」主演のイ・ビョンホンさん。
ていうか、ぼくにとってはドラマ「Happy Together」主演のイ・ビョンホンさんなのですが。
そんなこんなな素敵な男優さんたちてんこ盛り。

ところで、韓国トップスタアには、チャ・テヒョンさんは入らないの?


……。

これじゃ、やっぱ無理か。

残念っ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »