« 津軽人の夏 | トップページ | 運転免許更新 »

2004/06/06

ウィンドウ内文字列のコピー

例えば「デバイスマネージャー」ウィンドウ内の文字列データを、テキストとして残したい時に便利なのが「TXTWEEZE」だったりします。

ところが。
アプリケーション&データドライブをフォーマットしてしまった時に。
「TXTWEEZE」も消失。(T_T)
「ま、検索すれば簡単に見つかるさ」と思っていたのですが……。
なんと、「textweeze」で検索しても見つからない。(^^; あらら

「窓の杜」や「Vector」で探してもなかなか出て来ず。
「text コピー」など、いろいろ検索語を変えたりしつつ検索してみても引っ掛からない。
「Vector」内ページで、検索語をいくつか変えてやっと発見。(^^)
「textweeze」だと思い込んでいたのだけれど……。
textじゃなくってtxtだったのね。(^^; とほほ

ちなみに、ウィンドウ内文字列は「TXTWEEZE」でコピー出来ますが、ダイアログボックス上の文字列やウィンドウ名のコピーは出来ません。
こちらには「Capture Text」が便利っす。

・「TXTWEEZE」OmniOtomation
・「Capture Text」Emurasoft - Products


と、ここまで書いていたら。
「これ便利よ」と、うちの彼女が教えてくれたのが「コピット!」。
…………うわっ、こっちの方がめちゃ便利じゃん。(@o@)

copit.gif

「コピット!」を起動すれば、今現在立ち上がっているアプリケーション全部の文字列を取り込んでくれている。
それぞれのアプリ毎に、ウィンドウタイトルからメニュー項目、ウィンドウ内文字列などなど。
これはお勧め。

・「コピット!」電脳レストハウス「梅ちゃん堂」ホームページ


|

« 津軽人の夏 | トップページ | 運転免許更新 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30768/720089

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンドウ内文字列のコピー:

« 津軽人の夏 | トップページ | 運転免許更新 »