2016/09/10

「按摩師甚五郎」 4(ショートショート

「按摩師甚五郎」 ゲーム(3)

「お花畑なポエマー」。甚五郎は姪の萌菜(もな)が言った言葉を思い出していた。
「お花畑の詩人・・・。そういう生活もよいですね。」
などと夢想していると、視界の端で人影が動く。見ると、治療室の窓からこちらを覗き、手を振っている萌菜の笑顔。

「さ、て、と。 "開くと願えば世界は開くのさ" みたいなお花畑っぽいお話しの続きね。ちゃんと続きがあるんでしょ?」
「いえ。あれがすべてです。」
「え~!? "私は世界に開いている"って考えるだけじゃ何も変わらないでしょ? 体とも関係ないし。」
「はい。考えるのではなくて、感じなくてはいけません。」
「感じるって?」
「そうですね。治療室の周りの風景を眺めて、その風景全体を感じてみるとよいです。萌菜子、いや、萌菜さんがその風景全体に包まれていると、全身の肌で感じてみて下さい。なんとなく "感じてみようかな" 程度でよいですから。」

「・・・。あれ? なんだか、体が広がったような気がする。」
「それが "世界に開いている" または "開こうとしている" 状態です。」
「なんか不思議~。これ、何が起きているの?」
「現代人は特になのですが、私たちは普段主に "考え" や "頭" の中で生きています。そこで、体や感覚はおろそかになり閉じてしまいます。ですが、風景を感じようとした途端に閉じていた感覚が開くのです。」
「なんだかとっても風通しのいい感じ。これとは逆だけど。前に甚ちゃんが話してくれた、閉じている時は "体は重く行動力も鈍り、思考の幅や視野も狭くなる" っていうのもなんとなくわかるわ。」

「ところで、そうやって世界に対して開いていると、実は自分の内側に対しても開くことになります。」
「ん? 自分の内側って何?」
「心の奥、とでも言えばいいでしょうか。例えば萌菜さんが男の子を好きになる時、好きになろうと考えたから好きになるわけではありませんよね。」
「そりゃそうよ。なんだか知らないけど好きになっちゃったり、ビビっと来たりするんだもん。」
「そういう想いが生じてくる所が自分の内側だと思って下さい。そこから生じて来るのは恋だけではなくて、何かに対する興味や好奇心もそうです。」
「・・・。そっか。興味や好奇心も、出そうと思っても出て来ないわね。自分の中から自然に湧き出してくる・・・。へぇ~。」
「興味深いと思いませんか? そうして湧き出して来るものは、非常に個性的でバラエティーに富んでいます。しかもそれは人の思惑を超えた次元からやって来ているのです。」
「面白~い。お花畑から今度はSFっぽくなってきたわね。」

……(続く、と思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「按摩師甚五郎」 3(ショートショート)

「按摩師甚五郎」ゲーム(2)

「・・・と、インドでそんな興味深い経験をしました」。
「ふ~ん。甚ちゃんはラッキーだったのね。」
時々治療室に遊びに来る姪の萌菜(もな)が素っ気なく答える。

「はい、とてもラッキーでした。あのゲームのアイデアがやって来たことで、世界に対する自分の緊張に気づけましたから。」
「ホント、いいホテルが見つかって良かったね。」
「はい、それもとてもラッキーでした。望んでいたことが想像以上の形で現実化したのですから。世界は人の思惑を超えたものを用意してくれます。」
「・・・よくわかんないけど。思っていたものよりジャストフィットなお部屋だったのね。」
「はい! そういうことです。やはり萌菜子さんは賢いです。」
「もう! だからぁ。私の名前に子はつかないの! なんかお年寄りみたいでしょ!?」
「お年寄りは嫌いですか?」
「そこじゃなくって!」

「で! さっきのお話しは、世界とか緊張とかとどう関係があるの?」
「誰か、または何かに対して身構えていると、私たちは外界から身を守るために体を緊張させます。」
「でも、それってそう考えてる時だけで、いつもじゃないんでしょ?」
「いえ。そういう想いがあると無意識ではありますが常態化するので、その緊張は体の凝りになります。」
「凝りって・・・。体がカチカチになっちゃうの?」
「体が外界に対して開かれていると、皮膚はつきたての餅のように瑞々しいです。ですが、閉ざした途端皮膚の流れが澱んで弾力がなくなります。極端にいえばウェットスーツを着込んだような。そういう状態も凝りと呼びます。」
「うぇ。なんかすご~く気持ち悪そう。」
「はい。身は守れますが、遮断されているので外界をリアルに感じることが出来ません。体は重く感じられ行動力も鈍り、思考の幅や視野も狭くなります。」
「嫌だぁ~。そういうの。」
「極端にいえば、ということですが、澱み方の程度によりその傾向は強くなります。」
「じゃあ。その"世界に開いてる"だっけ? どうしたらそうなれるの?」
「はい。"私は世界に対して開いている"と思うとよいです。」
「・・・なんかさ。甚ちゃんって見た目ゴツイけど意外とお花畑なポエマーよね。でも嫌いじゃないわよ、そうゆうの。」

……(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/04

「按摩師甚五郎」 2 (ショートショート)

「按摩師甚五郎」 ゲーム

「なかなか見つかりませんね・・・。」
リキシャを降りた甚五郎は、インドの強い日差しを浴びながらつぶやいた。この町に着いたのは早朝だが、既に太陽は中天でご機嫌に燃えている。

インドはこれで3度目。瞑想アシュラムがあるこの町には、延べでおよそ一年間滞在したことがある。長期滞在する時は、月極めでインド人宅のゲストルームを借り、そこからアシュラムに通う。だが、今回は2週間ほどの短期滞在なので、アシュラム周辺のホテルを探すことにした。土地勘はあるので心当たりのホテルを回ってみるが、この地域のハイシーズンらしくどこにも空室はない。

インドの町を歩いていると、よく見知らぬインド人に「ジャパン、安くていいホテルがあるぞ」と声を掛けられる。彼等は外国人に正規より高い値段でホテルを紹介し、ホテルから紹介料を貰っている人たちだ。特に日本人は断れない人々なので、彼等の格好のカモになる。

馴染みの屋台でチャイを飲みながら、ふと面白いアイデアが浮かんで来た。
「これもまた瞑想になるかも知れませんね。」

チャイを飲み終え、通りに出る。
「さて、"インド人の言う通り"ゲームのスタートです。」
いかにも紹介料稼ぎのインド人に声を掛けられても、ニコニコ微笑みながら「オーケー」と身を任せるつもりの甚五郎。

一度深呼吸をし、甚五郎はこの町に、すべてのインド人に心を開いてみた。

すると、お馴染みのインドの町が、より親しみを増し優しく開いたように見える。
「世界を狭くしていたのは私でしたか」と苦笑しながら歩き出す。
自分がいかにこの町やインド人に身構えていたのかをはじめて知った甚五郎。無駄な身構えを手放してみると、なんだか素敵な予感に包まれる。「さあ、これから何がはじまるのでしょうか」とわくわくしてしまう。

その後、予想通りいかにも胡散臭いインド人に声を掛けられ、無邪気にニコニコついていったホテルは想像以上に快適で格安だった。

心と体、人生について、またひとつ学んだ按摩師甚五郎。




ほぼ実話。
実際は20年ほど前、ぼくたちカップルと友人カップル4人でやったゲーム。
宿がぜんぜん見つからなかったハイシーズンのインドで、サクッと2カップルとも快適な宿をゲットしたという面白い経験。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/30

「按摩師甚五郎」(ショートショート)

「按摩師甚五郎」 F氏の時間

そろそろ日曜朝、NHK-FM「名演奏ライブラリー」の時間。
コンポのスイッチをCDからラジオに切り換える。

ピンポーン。
予約時間通りに入り口の呼び鈴が鳴り、「おはよう~!甚五郎く~ん!」という声。
近所中に響きわたる気持ちのよいバリトン。この時間は音大の先生F氏の時間だ。
「体がゆるむと声の響きがまったく違うんだよ。按摩は実に素晴らしいね。」と毎週やって来る。

二人でお茶を飲みながら、まずはラジオから流れる名演奏に耳を傾ける。
F氏はいつも音の世界にどっぷりと浸り切る。
そんな人と共に聞く音楽は、いつもとはまったく異なり、艶々とした広がりのあるものになる。
「感覚だけではなく、感性もまた共鳴するのです。」
甚五郎は毎回しみじみと思う。

「甚五郎くん、ここで若者は恋に落ちるんだ。そう、世界はバラ色に輝く。木々も花々もキラキラと輝き……、素晴らしいねえ!」
今日はオペラの名演奏。
イタリア語なのか、甚五郎には歌詞の意味はまったくわからない。
それまでの明るい曲調から一転。
「あぁ、彼女は逝ってしまった。何故なんだ・・・。どうして逝ってしまたんだ!」
どうやらそういう展開のようだ。
「母さん、許しておくれ。ぼくも彼女の後を追うよ。彼女のいない世界は・・・。」

ひとしきり浸った後で甚五郎は尋ねる。
「この曲はそういう歌詞だったのですか。」
「ん?違うよ、甚五郎くん。音楽はねぇ、自分で世界を、ストーリーを作るんだよ。」
「・・・なるほど。世界は自分で作るのですね。」と、どこか曖昧としながらもストンと腑に落ちる甚五郎。

F氏が入室してから数十分後、ようやく按摩の施術が始まった。



昔書いた日記を、甚五郎というキャラクターを主人公にショートショート風にしてみました。
けっこう楽しいので、このシリーズでまた書いてみたいかも。

仮想通貨モナコインの投銭が出来る掲示板「AskMona」内「自作の短歌を書いていく6」トピックに投稿したものです。
「AskMona」や仮想通貨の使い方、遊び方の記事も掲載している短歌&仮想通貨モナコインマガジン「もな歌」(製作担当:puru)の製本雑誌版販売終了を受けて、現在PDF改訂版(A4,88頁)を無料配布しています。
詳細は公式サイト「創作ひろば もな歌」をご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/09

古法按摩の摩(な)でる技

古法按摩の最大の特徴は「摩(な)でる」手技にあります。

按摩の古典「導引口訣鈔」に出てくる手技の半分以上が「摩で」「摩づ」であり、場所によっては「百返」も「数十返も摩す」、「横にも縦にも、すじかいにも専ら摩する事」などとあります。

また、同じく按摩の古典「按腹図解」には、「調摩の術」として「其の部位を重からず軽からず、疾(はや)からず遅からず、肉理(にくすじ)に循(したが)いて数回(いくたび)も調摩循撫(じゅんぶ)するなり」とあり、こちらも「摩でる」手技が多く見られます。

古法按摩マニアとしては、なんとかこの「摩でる」技を自分の仕事にも取り入れたいのですが・・・。
そこはそれ、「揉む」技中心の現代按摩に、軽く「摩でる」だけの手技を導入するには、けっこう勇気が必要だったりします。
慣れ親しんだ「揉む」技には確かな「手応え」が感じられる訳ですが、皮膚の上を撫でさするだけの手技には、急にはその「手応え」が感じられない訳で。
ひとまず、数年前からは、治療の終盤にうつ伏せで体全体を撫でる技を導入。
体表の感覚を「流す」感じで、けっこう手応えも感じつつ行えるようになりました。

ところで、今年4月あたりから「按摩の歴史」を書き始めたのですが。
いろいろな資料を読み返しつつ「導引口訣鈔」や「按腹図解」も読み返し、独り按摩としてこの「摩でる」技を試みはじめ。
意外にもかなり効果的であることを実感。
自分でその効果が実感できれば、実際の治療に当たっての「手応え」も得やすくなります。

というわけで、1、2ヶ月前から、そろりそろりと治療の中にも「摩でる」を導入。
治療の終盤にベットに腰掛けてもらい、頭から首、肩、鎖骨周辺、腕、背中、腰、足へと撫でてます。

特に、頭に対しては、指の腹で撫でるのではなく、指を立てた状態の爪先で撫でる感じ。
これは昔、インドで仲良しだったマッサージ爺さんの技。

インド由来の頭皮マッサージも含めて、今後も古法按摩の技を試みていくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/08

〔復刻版〕『陰符經』遠藤隆吉・松本文三郎 Kindle版発売

とある解説書に「相克する宇宙の理法を盗む」という副題が付くくらい、なんだかとってもクールな『陰符経』。
昔から、仙学や内丹学において非常に重んじられて来た古典なのですが、たった400文字前後の経典だけにとっても難解。

特に日本では、その解説書を見ることがほとんどなく。
ここに明治44年遠藤隆吉著『陰符經』と、明治40年松本文三郎講述『支那哲學史』中の一編「第二章 第二期に於ける哲學思想の變遷 陰符經」をセットにして電子書籍で復刻することにしました。
『陰符経』自体の難解さと、明治期日本語の難解さが相まって、繰り返し読まないとなかなか概要すら掴めませんw

とはいえ、繰り返し読むことを想定して電子書籍化したわけで、今後もスマホやPCで何度も読み返すつもり。
古書を読む愉しみは、繰り返し読みつつ、最初はモワ~っとおぼろだった印象に、徐々に色や形がつきはじめていくところ。
読書百遍意自ずから通ず、を期待w

Coverthum

〔復刻版〕『陰符經』遠藤隆吉・松本文三郎 \500(Amazon)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/07

Amazonで「按摩資料としての『鬼貫論』」を無料販売開始

Amazonの対応はけっこう素早いです。
出版申請から承認されるまで、今回は数十分。
その後、楽天ブックスで無料販売している旨を添えて、問い合わせから無料販売のお願いをした所、数時間で「0円」になりました。

Amazonでの「按摩資料としての『鬼貫論』」無料販売は以下からどうぞ。

〔復刻〕按摩資料としての『鬼貫論』

【目次】
はじめに
『鬼貫論』導引鬼貫 より
 ・導引術史大略
 ・導引術諸家
 ・「古今導引集」大久保道古
 ・「導引口訣鈔」宮脇仲策
 ・澄相公・大久保道古・鬼貫の系譜 : 嘯山
 ・導引鬼貫の弟子、稲本梅門
 ・導引を記さぬ鬼貫
 ・鬼貫の導引修業時期
 ・鬼貫と師道古との交流
 ・導引の技倆
 ・鬼貫窮迫説
 ・俳諧と導引の関係
 ・附記、梅門に就いて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«電子書籍「按摩資料としての『鬼貫論』」を無料で出版