2016/07/09

古法按摩の摩(な)でる技

古法按摩の最大の特徴は「摩(な)でる」手技にあります。

按摩の古典「導引口訣鈔」に出てくる手技の半分以上が「摩で」「摩づ」であり、場所によっては「百返」も「数十返も摩す」、「横にも縦にも、すじかいにも専ら摩する事」などとあります。

また、同じく按摩の古典「按腹図解」には、「調摩の術」として「其の部位を重からず軽からず、疾(はや)からず遅からず、肉理(にくすじ)に循(したが)いて数回(いくたび)も調摩循撫(じゅんぶ)するなり」とあり、こちらも「摩でる」手技が多く見られます。

古法按摩マニアとしては、なんとかこの「摩でる」技を自分の仕事にも取り入れたいのですが・・・。
そこはそれ、「揉む」技中心の現代按摩に、軽く「摩でる」だけの手技を導入するには、けっこう勇気が必要だったりします。
慣れ親しんだ「揉む」技には確かな「手応え」が感じられる訳ですが、皮膚の上を撫でさするだけの手技には、急にはその「手応え」が感じられない訳で。
ひとまず、数年前からは、治療の終盤にうつ伏せで体全体を撫でる技を導入。
体表の感覚を「流す」感じで、けっこう手応えも感じつつ行えるようになりました。

ところで、今年4月あたりから「按摩の歴史」を書き始めたのですが。
いろいろな資料を読み返しつつ「導引口訣鈔」や「按腹図解」も読み返し、独り按摩としてこの「摩でる」技を試みはじめ。
意外にもかなり効果的であることを実感。
自分でその効果が実感できれば、実際の治療に当たっての「手応え」も得やすくなります。

というわけで、1、2ヶ月前から、そろりそろりと治療の中にも「摩でる」を導入。
治療の終盤にベットに腰掛けてもらい、頭から首、肩、鎖骨周辺、腕、背中、腰、足へと撫でてます。

特に、頭に対しては、指の腹で撫でるのではなく、指を立てた状態の爪先で撫でる感じ。
これは昔、インドで仲良しだったマッサージ爺さんの技。

インド由来の頭皮マッサージも含めて、今後も古法按摩の技を試みていくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/08

〔復刻版〕『陰符經』遠藤隆吉・松本文三郎 Kindle版発売

とある解説書に「相克する宇宙の理法を盗む」という副題が付くくらい、なんだかとってもクールな『陰符経』。
昔から、仙学や内丹学において非常に重んじられて来た古典なのですが、たった400文字前後の経典だけにとっても難解。

特に日本では、その解説書を見ることがほとんどなく。
ここに明治44年遠藤隆吉著『陰符經』と、明治40年松本文三郎講述『支那哲學史』中の一編「第二章 第二期に於ける哲學思想の變遷 陰符經」をセットにして電子書籍で復刻することにしました。
『陰符経』自体の難解さと、明治期日本語の難解さが相まって、繰り返し読まないとなかなか概要すら掴めませんw

とはいえ、繰り返し読むことを想定して電子書籍化したわけで、今後もスマホやPCで何度も読み返すつもり。
古書を読む愉しみは、繰り返し読みつつ、最初はモワ~っとおぼろだった印象に、徐々に色や形がつきはじめていくところ。
読書百遍意自ずから通ず、を期待w

Coverthum

〔復刻版〕『陰符經』遠藤隆吉・松本文三郎 \500(Amazon)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/07

Amazonで「按摩資料としての『鬼貫論』」を無料販売開始

Amazonの対応はけっこう素早いです。
出版申請から承認されるまで、今回は数十分。
その後、楽天ブックスで無料販売している旨を添えて、問い合わせから無料販売のお願いをした所、数時間で「0円」になりました。

Amazonでの「按摩資料としての『鬼貫論』」無料販売は以下からどうぞ。

〔復刻〕按摩資料としての『鬼貫論』

【目次】
はじめに
『鬼貫論』導引鬼貫 より
 ・導引術史大略
 ・導引術諸家
 ・「古今導引集」大久保道古
 ・「導引口訣鈔」宮脇仲策
 ・澄相公・大久保道古・鬼貫の系譜 : 嘯山
 ・導引鬼貫の弟子、稲本梅門
 ・導引を記さぬ鬼貫
 ・鬼貫の導引修業時期
 ・鬼貫と師道古との交流
 ・導引の技倆
 ・鬼貫窮迫説
 ・俳諧と導引の関係
 ・附記、梅門に就いて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子書籍「按摩資料としての『鬼貫論』」を無料で出版

ひとまず楽天ブックスにて電子書籍「按摩資料としての『鬼貫論』」を無料で出版しました。

楽天Kobo: 按摩資料としての「鬼貫論」-山崎喜好-

楽天ブックスでは、出版申請から承認まで1日ちょい。
Amazonではたいていひと晩で承認されるので、少し遅い感じ。

現在Amazonでも出版申請中。
基本的にAmazonでは無料販売は出来ないのですが、Amazonには「プライスマッチ」というポリシーがあり、他店で無料販売している場合には無料に出来るとのこと。
現在の価格は最低の100円程度で設定していますが、承認された後にAmazon「お問い合わせ」ページから無料販売のお願いをする予定です。

ですので、もしAmazonで見かけても少し待ってね。
明日あたりには無料になるかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/29

Kindle版「按摩の歴史」ついに出版!

というわけで、自著「按摩の歴史 Japanese Traditional Massage」をAmazonにて販売開始しました。
ただのお調子者が電子書籍とはいえ本をお気軽に出版出来るとは、なんとよい時代になったのでしょう。

昨晩からAmazonで335円で販売しているのですが、まだ買わないでね。(って、買う人いなさそうだけどw)
もし万が一にも興味ある方は、明後日7月1日(金)午後5時~4日(月)午後5時まで無料キャンペーンを実施しますので、その時に是非無料でゲットして下さいませ。

Coverthum

按摩の歴史 Japanese Traditional Massage (Amazon)

以下が目次です。

「按摩の歴史 Japanese Traditional Massage」
・日本の按摩とは ~中国伝来の按摩 現代日本の按摩 開国以後の日本の按摩
・大宝律令 ~『大宝律令』職員令 『大宝律令』医疾令 『大宝律令』の按摩
・江戸時代以前の按摩 ~少彦名、足名稚、手名稚@ 『古事記』『日本書紀』 腹とりの女@ 『栄花物語』 腹などとる女@ 『枕草子』 御足などうたせ@ 『栄花物語』、御あし給う@ 『宇治拾遺物語』 足力@ 『福富草紙』
・按摩の故郷、~江戸時代 按摩さんのいる風景:俳句・小説 按摩さんのいる風景2:浮世絵 按摩さんのいる風景3:喜多院「五百羅漢」 盲人按摩史 按摩の笛 江戸期按摩書籍
・江戸時代までの参考資料 ~『嬉遊笑覧』に見る按摩さん 『古事類苑』に見る按摩
・古法按摩 ★ 杉山流、★ 吉田流、★ 大久保流 ~★ 杉山流按摩 ★ 吉田流按摩 ★ 大久保流按摩
・明治時代の按摩さん ~明治36年『横浜繁昌記』横浜新報社著作部編 明治45年『熊谷百物語』酒井惣七 著 埼玉新報社
・昭和の按摩 ~家庭の按摩 昭和のとある按摩伝承
・あとがき ~著者プロフィール puru製作既刊電子書籍

あまり需要のない内容だと思われますがw、一番の読者である本人はかなりご満悦です。
自分が読むために作ったような本ではあります。

数日後には「按摩史料としての『鬼貫論』」という、こちらは最初から無料販売予定の昭和初期に出た著作権保護期間が満了した本の復刻版を出します。
Amazonで無料本を出すにはちょっとした技が必要のようで、うまく無料販売できるとよいのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「現代語訳 導引口訣鈔」レビュー